LINEで送る
Pocket

今回のパワースポット巡りは、東京都台東区にある勝負運・健康長寿のご利益で知られる『銀杏岡八幡神社(いちょうがおかはちまんじんじゃ)』です。

スポンサーリンク

銀杏岡八幡神社とは

  • 銀杏岡八幡神社_001

沿革・由緒

後冷泉天皇の御代、源頼義公、八幡太郎義家公は、朝廷の命に依り奥州の安倍貞任、宗任を平定する為に奥州街道を下向の砌当地に至りました。

当時このところは小高い丘で隅田川の流れを一望出来る絶景の地であった。一休止のため陣をとりました時、川上より流れくるものを拾い上げてみますと銀杏の枝でありました。

その枝をこの丘の上に差し立て都の氏神を遥かに拝み「朝敵退治のあかつきには枝葉栄ふべし」と祈願し旅立ち安倍一族を平定の後、再びこの地に帰り至りました時丘の上に差した銀杏の枝は大きく繁茂しておりましたので、義家公は御神恩に感謝し、この処に大刀一振を捧げ八幡宮を勧請いたしましたのが、康平五年(1062)当社の始と伝へられています。

そしてこの銀杏は大樹となりまして、隅田川を上り下りする舟や街道を行き交う人々のよい目標となりましたが、時代は下り徳川家江戸入府後、元和四年(1618)この地は福井藩松平家の屋敷となり、邸内社として尊崇されてまいりましたが、享保十年(1725)この地が公収され屋敷の跡地は町屋となり同十五年、時の町奉行大岡越前守様に依り福井町と命名され願いにより当社は地域の産土神として崇敬されてまいりました。

大銀杏は延享二年(1745)九月十四日台風のため中程より折れましたが、高さ六メートル位を残して繁茂しておりましたが、文化三年(1806)江戸大火の折焼失しました。

御祭礼は、江戸時代八月十五日に執り行われていましたが、明治の中頃より六月十五日にかわり、現在は原則として六月第一土曜、日曜に執り行っています。

(境内の掲示より)

ご祭神・御祭神

・誉田別皇命(ほんだわけのみこと)
・武内宿祢命(たけのうちすくねのみこと)

ご利益・ご神徳

誉田別皇命様から勝負運、仕事運、出世運。武内宿禰命様から健康長寿、家内安全のご利益を頂くことが出来ます。

パワースポットセラピストが教える銀杏岡八幡神社はこんなところ

東京都台東区浅草橋に鎮座する銀杏岡八幡神社は、源頼義・義家が奥州征伐の途次、銀杏の枝を差して戦勝祈願したと言われ、征伐の帰りにこの神社を建造したと言われています。

大きくない境内ではありますが、静寂に包まれ、私が好きな感じです。

そして、銀杏(いちょう)が御神木ですので、秋ごろに参拝するのが良いと思います。

銀杏岡八幡神社_005

また、境内には、此葉稲荷神社(このはいなりじんじゃ)もありますので合わせてご参拝ください。

此葉稲荷神社

銀杏岡八幡神社のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

銀杏岡八幡神社のお守り・御守り

各500円になります。

銀杏岡八幡神社のお守り

銀杏岡八幡神社のご朱印・御朱印

初穂料は300円。

銀杏岡八幡神社・御朱印

銀杏岡八幡神社まとめ

神社名銀杏岡八幡神社(いちょうがおかはちまんじんじゃ)
所在地〒111-0053 東京都台東区浅草橋1丁目29−11
電話番号03-3851-1691
交通アクセス総武線 / 浅草線 「浅草橋駅」から徒歩2分。
総武線でしたら東口、地下鉄の浅草線でしたら「A3」出口から歩いてすぐ。
ご祭神・御祭神・誉田別皇命(ほんだわけのみこと)
・武内宿祢命(たけのうちすくねのみこと)
ご利益・ご神徳勝負運、仕事運、出世運、、健康長寿、家内安全
URL銀杏岡八幡神社のホームページは存在しませんでした。
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!