LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、鯖稲荷の名で親しまれ、約400年余りの古社である『日比谷神社』です。

スポンサーリンク

パワースポット・日比谷神社とは

パワースポット巡り_日比谷神社_003

沿革・由緒

当日比谷神社は、古くから旧麹町区日比谷公園の大塚山という所に鎮座し、日比谷稲荷明神旅(さ)泊(ば)稲荷明神と称しておりました。慶長11(1606)年、江戸城築城に際し日比谷御門を造営することとなり、氏子と共に芝口に移動となりますが、町名は従来のまま、日比谷となっておりました。

しかし、寛永7(1630)年、新橋に新しく芝口御門を造営することになり、町名も日比谷町から芝口町へと改称することになりましたが、神社の社号は変えることなく現在に到ります。

芝口の地に御鎮座して四百有余年となる古社であります。
御霊験著しいことから崇敬者も多く、江戸幕府の時代には毎年1月6日に神札を捧持して登城する慣例があったといわれ、それ以外にも伊達、脇坂、中川、肥後、本堂、毛利、井上、片岡家の諸公から篤い崇敬を集めていたといわれます。

明治5(1872)年に村社に列せられ、その後、関東大震災(大正12年)の影響で昭和三年の都市計画区割整理の対象となり、愛宕下町二丁目に換地されて、現在の新橋四丁目に日比谷神社の御社殿が造営されました。

以降、新橋の鎮守様として広く崇敬を集め幾多の災厄に遭うも、その都度氏子崇敬者の方々の御厚意をもって再建して参りました。

平成21年に、都市道路計画(環状2号線)の建設により、御社殿を東新橋二丁目に建造されました。現在では新橋四丁目町会・新橋五丁目町会・汐留町会・新橋二丁目町会・新橋駅前ビル自治会・東新橋一丁目町会及び汐留シオサイト地区の氏神様として変わらぬ崇敬を集めております。

引用元:日比谷神社ホームページより抜粋

ご祭神・御祭神

  • 豊受大神(とようけのおおかみ)・・・農業神。伊勢神宮の外宮に祀られている神様。五穀の主宰神として、稲荷の神と並ぶ
  • 祓戸四柱大神(はらいどのよつはしらのおおかみ)・・・・神道において祓いを司り、あらゆる災いや罪・穢れを払い清める神々であり、瀬織津比売大神(せつおりつひめのおおかみ)、速開都比売大神(はやあきつひめのおおかみ)、気吹戸主大神(いぶきどぬしのおおかみ)、速佐須良比売大神(はやさすらひめのおおかみ)である。

ご利益・ご神徳

無病息災、病気平癒、厄除け、虫歯封じ

パワースポットセラピストが教える日比谷神社はこんなところ

日比谷神社は東京・新橋にあり、国道15線(第一京浜)に面したこじんまりした神社です。

パワースポット巡り_日比谷神社_001

東京・新橋と言えば、天鈿女命(あめのうずめのみこと)を祀った烏森神社が有名です。

『日比谷神社』ですが、以前ご紹介した人見稲荷神社と同じ、祓戸四柱大神(瀬織津比売大神(せつおりつひめのおおかみ)、速開都比売大神(はやあきつひめのおおかみ)、気吹戸主大神(いぶきどぬしのおおかみ)、速佐須良比売大神(はやさすらひめのおおかみ))を祀った神社です。

私も知らずうちに、姫旅をしていました。何かご縁を感じてます。「姫旅」とは、ナチュラルスピリッツ出版「あなたにも奇跡が起こる瀬織津姫神社めぐり姫旅しませんか?」(山水治夫著)の書籍名に由来してます。

また日比谷神社は、鯖稲荷呼ばれ親しまれていました。

鯖稲荷と呼ばれた理由ですが、まだ日比谷公園の中にあった頃、全国の苦しんでいる旅人達にに神社の社務所を開放し、無病息災の祈願を受けさせたところ、霊験がとりわけ著しくあらわれ、旅人や周囲の人々は「旅泊(さば)稲荷」と唱えました。

新橋に遷った後に魚の鯖に変わるようになり、鯖稲荷と称していました。

特に昔、虫歯虫封じに苦しむ人が参拝すると御利益があるとされ、鯖を食べることを断ち、祈誓(神仏に祈って,心に誓いを立てること)をかけると治ったそうです。それ以降治った人々は鯖を奉納すると言われてきました。

パワースポット・日比谷神社みどころ

稲荷社

拝殿の左手にある稲荷社。小さいながらも狛犬があり、尻尾がピンと立っているのはとても珍しいです。

ワースポット巡り_日比谷神社_004

パワースポット巡り_諏訪大社上社前宮狛犬

狛犬は普通こんな感じです、

パワースポット・日比谷神社のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

境内の右奥に授与所があり、御朱印・お守りはここで頂くことができます。

パワースポット巡り_日比谷神社_005

日比谷神社のご朱印・御朱印

初穂料は300円。

パワースポット巡り_日比谷神社御朱印

日比谷神社のお守り・御守り

名前とレア感に引かれて「奇跡のお守り(初穂料:800円)」と「御守護シール(初穂料:400円)」をご授与頂きました。その他にも「旅行安全守」も有名です。

奇跡のお守り

パワースポット巡り_日比谷神社お守り_001

御守護シール

赤・金・黒色の三色より選び事ができます。御守護と書かれている厚紙はしおりとして利用することができます。

パワースポット巡り_日比谷神社お守り_002

日比谷神社周辺のパワースポット

烏森神社

パワースポット巡り_烏森神社
サラリーマンの聖地東京・新橋にある企業人が多く参拝する『烏森神社』

江戸時代にあった稲荷ブームのときには、初午稲荷祭の賑わいは江戸で1、2を争うほど。

またご祭神である天鈿女命(あめのうずめのみこと)を祀った数少ない神社でもあり、技芸上達のご利益に授かることができます。

詳しい烏森神社の内容はこちらの記事を御覧下さい。

パワースポット・日比谷神社まとめ

神社名 日比谷神社(ひびやじんじゃ)
所在地 〒105-0021 東京都港区東新橋2丁目1−1
電話番号 03-3433-2034
交通アクセス JR山手線・東海道線・京浜東北線・東京メトロ銀座線・都営浅草新橋駅より徒歩5分
ゆりかもの線・都営大江戸線汐留駅より徒歩3分
ご祭神・御祭神 豊受大神(とようけのおおかみ)
瀬織津比売大神(せつおりつひめのおおかみ)
速開都比売大神(はやあきつひめのおおかみ)
気吹戸主大神(いぶきどぬしのおおかみ)
速佐須良比売大神(はやさすらひめのおおかみ)
ご利益・ご神徳 無病息災、病気平癒、厄除け、虫歯封じ
URL 日比谷神社ホームページ
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket