LINEで送る
Pocket

今回のご紹介するくパワースポットは、東京の渋谷、宮益坂を上り、ビルの谷間に鎮座する渋谷の神様『宮益御嶽神社』です。

スポンサーリンク

パワースポット・宮益御嶽神社とは

パワースポット巡り_宮益御嶽神社_001

沿革・由緒

当神社は、大和国吉野郡金峰神社の分祭社でありまして、創起年暦等は不明ですが、室町時代初期(1400)に創設されたと言われております。

元亀年間(1570-72年)甲府武田家の陪臣、石田勘解由茂昌なる武将が所持していた尊像を神社に合祀しました。その後茂昌の子孫で石田茂兵衛が当社に居住し、茂兵衛の婿、太郎兵衛が尊像を護持していたと言います。

そして、太郎兵衛は、延宝九年三月六日不動尊石像・庚申石像、延宝九年三月二十三日勢至菩薩石像を建立しました。

当所、渋谷新町の町名が元禄十三年六月に宮益町と改称されたのも鎮守御嶽神社より起きたと言われています。

引用元: 頒布のリーフレットより抜粋

ご祭神・御祭神

  • 日本武尊(やまとたけるのみこと)・・・武神、農業の神。
  • 火之迦具土神(ほのかぐつちのかみ)・・・火の神、鍛冶の神、防火の神。愛宕さま・秋葉さまとして親しまれている。
  • 大国主命(おおくにぬしのみこと)・・・国造りの神、農業の神、商業・医療の神。縁結びの神。
  • 菅原道真公(すがわらみちざねこう)・・・学問・受験の神。

ご利益・ご神徳

魔除け、商売繁昌、厄除けなど

パワースポットセラピストが教える宮益御嶽神社はこんなところ

ビルの谷間にあり、一見分りにくい場所にありますが、宮益坂を静かに佇む宮益御嶽神社

そんな『宮益御嶽神社』は、渋谷で唯一、酉の市が開かれる場所であり、11月の酉の日に御嶽神社境内にて神社熊手、商人熊手の市がたちます。また宮益坂には、屋台が立ち並びます。

パワースポット巡り_宮益御嶽神社_006

写真はウェブサイトより

一の鳥居をくぐり階段を上ると二の鳥居、日本狼の狛犬がお出迎えしてくれます。

パワースポット巡り_宮益御嶽神社_002

多田端穂作である「日本狼像狛犬」は、ブロンズ製で、原形をモデルにして製作されました。原形は、日本狼石像で延宝年間(江戸時代1673~1681年)の作品といわれており、太平洋戦争以前から損傷が甚だしく、社殿復興に際し修復し、現在は社務所内に安置してあります。

パワースポット巡り_宮益御嶽神社狛犬_001
パワースポット巡り_宮益御嶽神社狛犬_002

パワースポット・宮益御嶽神社みどころ

宮益不動尊(炙り(あぶり)不動)

延宝九年(1681年)、子孫である太郎兵衛が、不動尊石像・庚申石像・勢至菩薩石像を建立した。この不動尊石像は「炙り不動」と呼ばれており、苦しみや疫病を香りで炙り出すといわれ、お札を炙り富を増す不動として人気があります。

50円を収めることで、お線香を上げることができます。こちらも忘れずにお参りすることをオススメ致します!

パワースポット巡り_宮益御嶽神社_炙り不動_001
パワースポット巡り_宮益御嶽神社_炙り不動_002

パワースポット・宮益御嶽神社のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

社務所は9:00~17:00(平日のみ)

宮益御嶽神社のご朱印・御朱印

初穂料は300円。

パワースポット巡り_宮益御嶽神社御朱印

写真はウェブサイトより

パワースポット・宮益御嶽神社まとめ

神社名 宮益御嶽神社(みやますみたけじんじゃ)
所在地 〒150-0002 東京都渋谷区 渋谷1丁目12−16
電話番号 03-3407-7722
交通アクセス JR山手線「渋谷」駅徒歩5分
東京メトロ銀座線「渋谷」駅徒歩5分
ご祭神・御祭神 日本武尊(やまとたけるのみこと)
火之迦具土神(ほのかぐつちのかみ)
大国主命(おおくにぬしのみこと)
菅原道真公(すがわらみちざねこう)
ご利益・ご神徳 魔除け、商売繁昌、厄除けなど
URL 宮益御嶽神社ホームページ
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket