LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、関東・東京にある約3,000坪と雄大な敷地を有する巨木に囲まれた『阿佐ヶ谷神明宮』です。

南口には馬橋稲荷神社もあり、こちらも是非とも訪れて頂きたい神社であります。

スポンサーリンク

パワースポット・阿佐ヶ谷神明宮とは

  • 神明宮_001

沿革・由緒

寛政12年(1800年)に著された『江戸名所図絵』によると、日本武尊が東征の帰途阿佐谷の地で休息し、後に尊の武功を慕った村人が旧社地(お伊勢の森と称される現在の阿佐谷北5丁目一帯)に一社を設けたのが当宮の始まりといわれております。

建久年間(1190~1198年)には土豪横井兵部(一説には横川兵部)が伊勢神宮に参拝したおり、神の霊示を受け、宮川の霊石を持ち帰り神明宮に安置したと伝えられ、この霊石は今も御神体として御本殿の奥深く鎮っております。 江戸時代から庶民の信仰が篤く、その一端を示す「内藤新宿仲下旅籠中仲下茶屋中」の文字が刻まれた文政十一年(1828年)の銅製の三本御幣が奉納されています。

平成二十一年秋に「平成の大改修」が無事竣工し、神明作りの御殿・神門、新しい祈祷殿・能楽殿などが誕生致しました。 境内地は約3000坪のうっそうとした森をなしており、シイ、カシ、クス、ケヤキ、イチョウ等の巨木も多く東京都内最大級の伊勢神宮勧請の神社であります。

一方JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分の交通至便の地にあるため、年間を通し数十万人の参拝者で賑わいます。 また近年は骨董市、植木市、さらに能や伝統芸能の奉納、或いは杉並区主催のジャズストリートの会場になるなど、地域のコミュニケーションの場として広く親しまれております。

中でも豊年満作を祝い神に感謝するものとして例大祭に奉納される「阿佐ヶ谷囃子」は、江戸時代末期からの伝統を誇り、区の無形文化財に指定されております。なお、例大祭には氏子内14カ所の御幸所から各神輿が集結し、一斉に氏子巡幸する姿は誠に壮観であり杉並の風物詩のひとつとなっております。 明治以降「天祖神社」と変更されていた社号も、平成二年より江戸時代からの名称である「神明宮」に復称致しました。

引用元: 阿佐ヶ谷神明宮ホームページより/cite>

ご祭神・御祭神

天照大御神(あまてらすおおみかみ)
月読尊(つくよみのみこと)
須佐之男命(すさのおのみこと)

ご利益・ご神徳

厄除け・厄払い、良縁成就、夫婦円満、合格祈願

パワースポット・阿佐ヶ谷神明宮のみどころ

本殿(御垣内三殿)

中央には御祭神、天照大御神をお祀りし、左右の摂社には、右に月読命、左に須佐之男命を祀っています。

この「三貴子」をそろって祀る神社は、非常に珍しいそうです。

また、本殿の前にある木製の鳥居は、もともと平成25年伊勢神宮の式年遷宮の際、
伊勢神宮がそれまで使っていたものを各地の神社に分け与えたもののひとつ。

平成27年秋に建立されましたが、鳥居の形のものはとても珍しいそうです。

パワースポット巡り_神明宮_御垣内三殿

夫婦けやき

2本の木が一体化した欅の木。良縁成就、夫婦円満の御利益をいただける御神木です。

パワースポット巡り_神明宮_夫婦欅

五角形の「合格鳥居」

学問の神、菅原道真が祀られた摂社・北野神社。

合格にかけて、鳥居の形は五角形に。気をつけてくぐらないと頭をぶつけてしまいますのでご注意を!

パワースポット巡り_神明宮_天神社

パワースポット・阿佐ヶ谷神明宮のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

阿佐ヶ谷神明宮のお守り・御守り

福守りと八方除のお守りをご授与頂きました。

また女性参拝者に大人気の「神(かん)むすび」(初穂料1000円)という阿佐ヶ谷神明宮オリジナルのブレスレット型お守りもあります。

パワースポット巡り_神明宮お守り
パワースポット巡り_神明宮_神結び

神結び

阿佐ヶ谷神明宮のご朱印・御朱印

パワースポット巡り_神明宮御朱印

パワースポット・阿佐ヶ谷神明宮まとめ

神社名阿佐ヶ谷神明宮(あさがやしんめいぐう)
所在地〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1−25−5
電話番号03-3330-4824
交通アクセスJR中央線 阿佐ヶ谷駅北口より 徒歩2分
東京メトロ 丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅北口より 徒歩10分
ご利益厄除け・厄払い、良縁成就、夫婦円満、合格祈願
ご祭神・御祭神天照大御神(あまてらすおおみかみ)
月読尊(つくよみのみこと)
須佐之男命(すさのおのみこと)
URLhttp://shinmeiguu.com/
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket