LINEで送る
Pocket

今回のパワースポット巡りは、東京の神楽坂にあり、テレビドラマのロケ地として使われることが多い『赤城神社』です。

パワースポット・赤城神社とは

  • パワースポット巡り_赤城神社_001

沿革・由緒

伝承によれば、正安2年(1300年)、後伏見天皇の御代に、群馬県赤城山麓の大胡の豪族であった大胡彦太郎重治が牛込に移住した時、本国の鎮守であった赤城神社の御分霊をお祀りしたのが始まりと伝えられています。

その後、牛込早稲田の田島村(今の早稲田鶴巻町 元赤城神社の所在地)に鎮座していたお社を寛正元年(1460年)に太田道潅が神威を尊んで、牛込台(今の牛込見付附近)に遷し、さらに弘治元年(1555年)に、大胡宮内少輔(牛込氏)が現在の場所に遷したといわれています。この牛込氏は、大胡氏の後裔にあたります。

天和3年(1683年)、徳川幕府は江戸大社の列に加え牛込の総鎮守と崇め、「日枝神社」「神田明神」と共に、「江戸の三社」と称されました。

この三社による祭礼の際における山車、練物等は江戸城の竹橋から内堀に入り半蔵門に出ることを許されていました。

その後、明治6年に郷社に列することになります。しかし、街の発展に伴い電柱や電燈などの障害物ができたので、盛観を極めた山車行列は明治32年の大祭が最後となりました。

引用元: 赤城神社のホームページより

ご祭神・御祭神

  • 磐筒雄命(いわつつのおのみこと)・・・殖産興業、厄難消除、学問芸術の神、火防の神。経津主神(ふつぬしのかみ)の祖であり、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が十拳剣(とつかのつるぎ)で、妻の伊邪那美命(いざなみのみこと)の死因となった火の神・迦具土神(かぐつちのかみ)の首を斬ったとき、その剣の先についた血が岩について化生した神。
  • 赤城姫命(あかぎひめのみこと)・・・藤原秀郷の子孫である大胡氏(おおごし)の息女と言われている。大胡氏(おおごし)は鎌倉時代から室町時代にかけて上野国赤城山南麓で勢力を持った武士の一族。ご祭神である磐筒雄命とはかかわりはないが、神仏混淆の頃、赤城大明神の御神影であると称して当覚寺から氏子中へ頒布したことがあり、今なお折々氏子中の旧家に散見されるため、合殿とされています。

ご利益・ご神徳

良縁祈願、学業成就、厄除けなど

パワースポットセラピストが教える赤城神社はこんなところ

ここ『赤城神社』は幾度かの遷宮のあと、現在の場所に鎮座。神社は国立競技場の設計社隈研吾氏によって、現在のような和風モダンの社に変わりました。

パワースポット巡り_赤城神社_006

とても近代的なモダンな神社であり、普段参拝される神社とは違い独特の雰囲気があります。

そしてマスコミ関係者の祈願が多いことでも知られており、「スターウォーズのヒット」を祈願した絵馬も見受けられました。

パワースポット巡り_赤城神社_005

そしてここ最近赤城神社は特に縁結びのご利益があると言われいるそうで、私が参拝した時も女性の参拝者が多くみられました。

そして合わせて参拝して欲しいのが、お隣の飯田橋駅にほど近いこちらも縁結びのご利益があると言われる「東京大神宮」。

「東京大神宮」は「赤坂氷川神社」「出雲大社東京分祀」とともに東京三大縁結び神社と言われています。

パワースポット巡り_東京大神宮_004
パワーポット巡り_赤坂氷川神社_004
パワースポット巡り_出雲大社東京分祀_002

 

三大縁結び神社のひとつと合わせて参拝することにより、効果は倍増し、更なる恋愛運アップが期待できると言われています。4つの神社参拝すれば、その効果は絶大ですね。

パワースポット・赤城神社みどころ

狛犬

狛犬はあまり見かける事のないスフィンクスのような形をしています。とてもユニーク。実際には江戸時代に加賀白山犬といわれて流行した形式を復元したもので、社務所にてそのミニチュアを授与して頂くことができます。

パワースポット巡り_赤城神社_狛犬_001
パワースポット巡り_赤城神社_狛犬_002

蛍雪天神

拝殿の左側にあるのが蛍雪天神。ご祭神は菅原道真公。合格祈願を願って、受験生の方がお参りされていました。合格祈願の五角鉛筆を授与していただくことができるようです。

パワースポット巡り_赤城神社_蛍雪天神

観音菩薩立像

三社殿に向かう途中には観音菩薩立像が鎮座しています。こちらもご挨拶を忘れずに。

パワースポット巡り_赤城神社_観音菩薩立像

出世稲荷神社、八耳神社、東照宮

蛍雪神社の下をくぐり抜けていると見えてくるのが、三社である出世稲荷神社(ご祭神:宇迦之御魂神)、八耳神社(ご祭神:聖徳太子}、東照宮(ご祭神:徳川家康公)。

パワースポット巡り_赤城神社_三社_001

出世稲荷神社は以前より存在しており、サラリーマンや会社経営者に特に人気があります。

パワースポット巡り_赤城神社_三社_002

パワースポット巡り_赤城神社_三社_003

パワースポット・赤城神社のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

赤城神社のご朱印・御朱印

赤城神社と蛍雪天神の御朱印を頂きました。初穂料は各300円。

パワースポット巡り_赤城神社_御朱印_001
パワースポット巡り_赤城神社_御朱印_002

赤城神社のお守り・御守り

お守りの一番人気は何と言ってもゲゲゲの鬼太郎お守り。水木しげる氏がゲゲゲの鬼太郎のアニメ化の際にヒットおよび安全祈願にお参りしたのが縁で作られてそうです。
パワースポット巡り_赤城神社_社務所_002

左が目玉おやじお守りで、将来が見通しが良くなるということで開運祈願のご利益、右のちゃんちゃんこお守りは禍事から身を守るお守りになります。初穂料は各1000円です。

パワースポット巡り_赤城神社_目玉のおやじ守り
パワースポット巡り_赤城神社_ゲゲゲの鬼太郎守り
その他にも女性に人気がある赤城姫命に因んだ水引きブレスレット守(初穂料:1000円)をご授与頂くことができます。
パワースポット巡り_赤城神社_社務所_001

パワースポット・赤城神社まとめ

神社名赤城神社(あかぎじんじゃ)
所在地〒162-0817 東京都新宿区赤城元町1−10
電話番号03-3260-5071
交通アクセス東京メトロ東西線「神楽坂」駅より徒歩1分
都営地下鉄大江戸線「神楽坂」駅よろ徒歩6分
ご祭神・御祭神磐筒雄命(いわつつのおのみこと)
赤城姫命(あかぎひめのみこと)
ご利益・ご神徳縁結び、学業成就、厄除けなど
URLhttp://www.akagi-jinja.jp/
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket