LINEで送る
Pocket

今回のご紹介するパワースポットは、私がパワースポット巡りを始めたとき、東京のパワースポットに行くなら必ず挨拶をした方がよいと言われた『平将門の首塚』です。

パワースポット平将門の首塚とは

沿革・由緒

今を去ること1050有余年の昔、桓武天皇5代の皇胤鎮守府将軍平良将の子将門は、下総国に兵を起こし忽ちにして板東八ヶ国を平定、自ら平新皇と称して政治の革新を図ったが、平貞盛と藤原秀郷の奇襲をうけ、馬上陣頭に戦って憤死した。享年38歳であった。世にこれを天慶の乱という。

将門の首級は京都に送られ獄門に架けられてが、三日後、白光を放って東方に飛び去り、武蔵国豊島郡芝崎に落ちた。大地は鳴動し太陽も光を失って暗夜のようになったという。村人は恐怖して塚を築いて埋葬した。これ即ちこの場所であり、将門の首塚と語り伝えられている。

その後もしばしば将門の怨霊が崇をなすため、徳治2年、時宗二祖真教上人は将門に蓮阿弥陀佛という法号を追贈し、塚前に板石塔婆を建て、日輪寺に供養し、さらに傍らの神田明神にその霊を合わせ祀ったので漸く将門の霊魂も鎮まりこの地の守護神になったという。

天慶の乱の頃は平安朝の中期に当たり、京都では藤原氏が政権をほしいままにして我が世の春を謳歌していたが、遠い板東では国々の司が私欲に汲々として善政を忘れ、下僚は収奪に民の膏血をしぼり、加えて洪水や旱魃(かんばつ)が相続き、人民は食なく衣なくその窮状は言語に絶するものがあった。

その為これらの力の弱い多くの人々が、将門によせた期待と同情とは極めて大きなものがあったので、今もって関東地方には数多くの伝説と将門を祀る神社がある。このことは将門が歴史上朝敵と呼ばれながら、実は郷土の勇士であったことを証明しているものである。また、天慶の乱は武士の台頭の烽火であると共に弱きを助け悪を挫く江戸っ子の気風となってその影響するところは社会的にも極めて大きい。茲(ここ)にその由来を塚前に記す。

引用元: 写真紀行・旅おりおり様ホームページより

ご利益・ご神徳

勝負運向上

パワースポットセラピストが教える平将門の首塚はこんなところ

大蔵大臣早速整爾が病死亡したことを契機に、建築に携わった人など十数名の職員が不審な死を遂げたり、この場所にGHQ専用の駐車場を作ろうとしたところ、首塚を壊そうとしたブルトーザーの運転手が転落死する事故が起きたり、「将門の祟り」とも噂が絶えない場所でもあります。

徳川家康公は江戸城を開くにあたって平将門への挨拶を欠かさなかったそうです。

しかし実際に行ってみると、家族連れで訪れていたり、保存会の人が掃除したりと綺麗であり怨念とは無縁の場所に感じます。

所感ですが、但し肝試しなどで、ふざけて首塚を軽んじる人には災いがあることはあり得ると思います。

パワースポット巡り_平将門の首塚_001

東京都の文化財にも指定されていて、多くの方がお参り訪れています。パワースポット巡り_平将門の首塚_002

将門塚(しょうもんづか)の周りには沢山のお花と線香が添えられいます。ご挨拶を忘れずに行ってください。

パワースポット巡り_平将門の首塚_003

大きなガマが祀られていて、「無事にカエル」にあやかり海外に赴任する官庁職員達が赴任前にお参りにくる名所にもなっています。

パワースポット巡り_平将門の首塚_004

現在は神田明神に「平将門公」を祀っていることから、「平将門の首塚」の後に「神田明神」を合わせてお参りすることをオススメ致します。

パワースポット巡り_神田明神随神門

パワースポット平将門の首塚まとめ

史跡名平将門の首塚(たいらのまさかどのくびづか)
所在地〒100-0004 東京都千代田区大手町1−2−1
電話番号03-3556-0391
交通アクセス東京メトロ丸ノ内線、東西線、半蔵門線、千代田線、三田線大手町駅C5出口すぐ
ご利益・ご神徳勝負運向上
ご祭神なし
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket