LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、関東・東京都荒川区にあるご鎮座1220年になる『(すさのお神社)素盞雄神社』です。

パワースポット・すさのお神社(素盞雄神社)とは

  • 素盞雄神社_001

沿革・由緒

795年開祖となる黒珍(こくちん)の住居の東方に小高い塚上に奇岩があったとされます。

黒珍はそれを霊場と崇め、礼拝するとある時、小塚の中の奇岩が突如光を放ち、二柱の神様が翁に姿を変えて現れたそうです。

そして、

「吾はスサノオ大神・アスカ大神なり。

吾れを祀らば疫病を祓い福を増し、永く此の郷土を栄えしめん。」

と御神託を授け、黒珍は一祠を建て丁重にお祀りし、ここ素盞雄(すさのお)神社が創建されたとのことです。

ご祭神・御祭神

素盞雄大神(スサノオオオカミ)
飛鳥大神(アスカオオカミ)

ご利益・ご神徳

災難厄除、病気平癒、商売繁昌、心願成就

パワースポットセラピストが教えるすさのお神社(素盞雄神社)はこんところ

玉姫稲荷神社(口入稲荷神社)に参拝したあとに訪れたすさのお神社(素盞雄神社)。

松尾芭蕉が「奥の細道」旅立ちに際し、旅の無事を祈って参拝した神社でもあります。

パワースポット巡り_素盞雄神社_松尾芭蕉旅の碑

松尾芭蕉旅の碑(写真はウェブサイトより)

ここ素盞雄(すさのお)神社ですが、鳥居をくぐると生命力に満ち溢れた力強い空気が流れてます。

2神が降臨した石「瑞光石」は富士塚内に境内に祀られ、その富士塚ですが、残念ながら現在登ることはできません。

パワースポット巡り_素盞雄神社_瑞光石
パワースポット巡り_素盞雄神社_富士塚

 

またこのすさのお神社(素盞雄神社)は、古くから疫病除けで知られ、江戸時代にコレラが流行したときは「疫除守り」を求めて人々が押し寄せたそうです。

またスサノオを祀る総本社は京都の八坂神社でありますが、ここ素盞雄(すさのお)神社を始め、須佐男神社、祇園社、天王神社、須賀神社、八雲神社といった名前の神社もスサノオを祀っています。

パワースポット・すさのお神社(素盞雄神社)の見どころ

瑞光石(ずいこうせき)

パワースポット巡り_素盞雄神社_瑞光石_002

地蔵堂

パワースポット巡り_素盞雄神社_地蔵堂

地蔵堂(写真はウェブサイトより)

文政12年(1829)年編纂「江戸名所図会」には境内に「ちそう(地蔵)」として、この地蔵堂の様子が描かれています。

江戸時代の庚申塔三基・宝篋印塔一基などからなる石塔群。この庚申塔には、人の罪を「見ざる・言わざる・聞かざる」として三匹の猿、早く朝が来るようにと二羽の鶏が描かれています。

飛鳥の杜

パワースポット巡り_素盞雄神社_飛鳥の杜

飛鳥の杜(写真はウェブサイトより)

樹齢5,600年のイチョウの木。母乳の出ない婦人がその皮を煎じて飲み、周囲に米の研ぎ汁を撒いて幼児の無事成長を祈願した「子育ての銀杏」と呼ばれています。

パワースポット・すさのお神社(素盞雄神社)のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

すさのお神社(素盞雄神社)のお守り・御守り

八岐大蛇(やまたのおろち)と十握剣(とつかのつるぎ)が描かれたこちらのお守りをご授与頂きました。

ちょっとカッコよくないですか?

パワースポット巡り_素盞雄神社お守り

すさのお神社(素盞雄神社)のご朱印・御朱印

初穂料は「お気持ちで」とのこと。(各300円ずつお納めすれば問題ありません)

パワースポット巡り_素盞雄神社御朱印

パワースポット・素盞雄神社まとめ

神社名素盞雄神社(すさのおじんじゃ)
所在地〒116-0003 東京都荒川区南千住6−60−1
電話番号03-3891-8281
交通アクセスJR常磐線・営団日比谷線「南千住駅」 徒歩8分
京成線「千住大橋駅」 徒歩8分
都バス 草43「千住大橋」 徒歩1分
都電荒川線「三ノ輪橋」 徒歩10分
ご利益・ご神徳災難厄除、病気平癒、商売繁昌、心願成就
ご祭神・御祭神素盞雄大神(スサノオオオカミ)
飛鳥大神(アスカオオカミ)
URLhttp://www.susanoo.or.jp/
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket