LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、冬至から節分までにご授与頂ける「一陽来復(いちようらいふく)」のお守りで有名な東京メトロ東西線の早稲田駅から程近い「穴八幡宮(あなはちまんぐう)」です。

スポンサーリンク

パワースポット・穴八幡宮とは

  • パワースポット_穴八幡宮_001

沿革・由緒

平安時代中期より新宿区西早稲田に鎮座する神社。八幡太郎義家が前九年後三年の役で活躍、凱旋の帰途にあった康平年間創建したと伝えられる。

1641(寛永5)年、宮守の庵を造るため山裾を切り開いたところ、神穴が出現し中から金銅の御神像が現れたため、この時期から穴八幡宮と称されるようになったそうです。

1654(寛永18)年徳川家光が生誕、德川秀忠が当社を訪れて以降崇敬篤く、慶安元年には社殿を再造、徳川家の祈願所となったといいます。

ご祭神・御祭神

應神天皇(おうじんてんのう)
仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)

ご利益・ご神徳

蟲封じや開運・金銀融通(=金運)・商売繁盛など

パワースポットセラピイストが教える穴八幡宮はこんなところ

小高い丘の上に鎮座しているため、参道はやや長めの石段となっている穴八幡宮。

そんな穴八幡宮は、金銀融通(=金運)・商売繁盛などのご利益に授かり方におすすめです。特に冬至から節分までにご授与頂ける「一陽来復(いちようらいふく)」のお守りをご授与頂いて下さい。

パワースポット巡り_穴八幡宮御守り

ただし「一陽来復」のお守りが配布開始となる冬至(12月22日)は、御守りを御授与頂くために2時間ほど並びます。途中気持ち悪くなり倒れる人も見受けれられました。配布最終日である節分(2月3日)も同様と思われます。また露店も出ているため、境内はかなり賑わっています。

パワースポット巡り_穴八幡宮_011

今年(2017年)は1月初旬の朝に訪れましたが、人はほとんどいませんでした。お守りを頂きたい場合は日にちをずらした方がいいと思います。
パワースポット巡り_穴八幡宮_002

パワースポット・穴八幡宮のみどころ

隨神門(光寮門)・鼓楼

平成に入り再建され、随神門は1988(平成10)年、鼓楼は2015(平成27)年の造営。どちらも立派である。
パワースポット巡り_穴八幡宮_光寮門

 

パワースポット巡り_穴八幡宮_鼓楼

布袋尊像

境内の東屋にある水鉢を抱えた微笑ましい布袋尊像(現在はレプリカ)は、3代将軍・徳川家光が奉納したと伝わっています。

布袋様は千客万来・家運隆盛・家庭円満・商売繁盛などのご利益ある縁起の良い神様ですので、皆様撫でているようで、少しツルツルしています。

パワースポット巡り_穴八幡宮_布袋尊像

パワースポット・穴八幡宮のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

お守り・御守り

そもそも【一陽来復】 とは・・・
「 厳しい冬が終って、春の明るい陽気が来る 」 という意味から「 悪いことが続いた後で、幸福へと向かう」という意味もあるそうです。

一陽来復御守:800円、一陽来復懐中御守:300円をご授与頂きました。

パワースポット巡り_穴八幡宮御守り

更にパワーアップ!一陽来復御守は隣の『放生寺』とペアで

 

パワースポット巡り_放生寺

マニアの間では、穴八幡宮の隣にある放生寺の『一陽来福』のお守を並べて家の壁などに貼ると、より効果がアップするという噂が・・・

理由として、穴八幡宮のお守は、商売繁盛・金運UPなど、お金を融通に関するご利益があるのに対し、放生寺のお守りは、商売繁盛以外にも、近年では人間関係の融通に効果があると言われているからだそう。噂ではありますが、どうせなら、より効果アップしたいですよね。(ちなみに、調べたところによると、配布期間(冬至~節分)は同じで、四ツ谷にある「東京四谷総鎮守 須賀神社」にも『一陽来福御守』が頒布されています。こちらもお守りも並べて貼れば、効果3倍!?)

一陽来福御守:800円、一陽来福懐中御守:300円

パワースポット巡り_放生寺御守り

『一陽来福』と『一陽来復』は貼るルールは同じ

期間限定で配られる一陽来復、一陽来福御守。手に入れてすぐに部屋に貼るのは御法度。この御守は貼れる日時・方角のルールがあります。

・日にち:冬至・大晦日・節分のいずれか
・時間:夜中の12時
・飾る場所:柱か壁の高い所(天井付近)で、その年の恵方に向ける。

恵方や貼り方がよく分からないなどは心配しなくも大丈夫です。御守を購入した際にはちゃんと説明書がついてきますので御安心ください。

パワースポット巡り_穴八幡宮_一陽来復御守り貼り方・方向

ご朱印・御朱印

冬至から節分までの期間は御朱印を頂くことができないそうです。

パワースポット・穴八幡宮まとめ

神社名穴八幡宮(あなはちまんぐう)
所在地〒162-0051 東京都新宿区西早稲田2−1−11
電話番号03-3203-7212
交通アクセス東京メトロ東西線早稲田駅3a出口より徒歩5分
ご利益蟲封じや開運・金銀融通(=金運)・商売繁盛など
ご祭神應神天皇(おうじんてんのう)
仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket