LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、秩父地方の総鎮守であり、秩父三社のひとつである『秩父神社』です。

パワースポット・秩父神社とは

  • パワースポット巡り_秩父神社_001

沿革・由緒

秩父神社のご創建は、平安初期の典籍『先代旧事紀-国造本紀-』によれば、第十代崇神天皇の御代に知知夫国の初代国造に任命された八意思兼命の十世の子孫である知知夫彦命が、祖神をお祀りしたことに始まるとされており、武蔵国成立以前より栄えた知知夫国の総鎮守として現在に至っています。

元慶2年(878年)には神階正四位下に進み、延長5年(927年)に編算された『延喜式』にも掲載されるなど、関東でも屈指の古社のひとつに数えられています。また、中世以降は関東武士団の源流、平良文を祖とする秩父平氏が奉じる妙見信仰と習合し、長く秩父妙見宮として隆盛を極めましたが、明治の神仏判然令により秩父神社の旧社名に復しました。

現存するご社殿は、天正20年(1592年)に徳川家康公が寄進されたもので、江戸時代初期の建築様式をよく留めていることなどから、埼玉県の有形文化財に指定されています。また、毎年12月3日に行われる例祭は、「秩父夜祭」として国の重要無形民俗文化財に指定され、京都の祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭のひとつに数えられています。

引用元: 秩父神社ホームページより抜粋

ご祭神・御祭神

  • 八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)・・・知恵の神、文神。
  • 知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)・・・秩父地方開拓の祖神。
  • 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・・・宇宙の根源の神。高天原に一番最初に現れた神で、造化三神の一柱。安産・子育ての神様である水天宮にも祀られている。
  • 秩父宮雍仁親王(ちちぶのみややすひとしんのう)・・・昭和天皇の弟宮様。

ご利益・ご神徳

学業成就、合格祈願、開運、家内安全、子孫繁栄など

パワースポットセラピストが教える秩父神社はこんなところ

三峯神社・宝登山神社とともに秩父三社のひとつである『秩父神社』。

ご祭神である八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)は、天岩戸に隠れた天照大御神を誘い出すイベントを企画をして、見事に成功させたことから、知恵の神と言われており、学業成就、合格祈願のご利益が期待できます。

パワースポット巡り_秩父神社_002

「みどころ」とのところでもご紹介していますが、三峯神社、宝登山神社、秩父神社の三社は、どの神社も社殿に施された彫刻が、どれも美しく、素晴らしいの一言。これを見るだけでも価値ありと言えるものです。

パワースポット巡り_秩父神社_つなぎの龍_003

そして忘れてならないのが、毎年12月3日、4日に開催される日本三大曳山祭りのひとつ「秩父夜祭」。2016年には約38万人もの見物客が訪れたそうです。「秩父夜祭」はユネスコ無形文化遺産であり、秩父神社の例大祭で、約350年間続く伝統的なお祭りです。

パワースポット巡り_秩父神社_秩父夜祭り

写真はウェブサイトより

そして是非忘れずに試して頂きたいのが、武甲山の伏流水を使って占う「水占い」(初穂料200円)です。おみくじを納めてある箱より、好きな色の巻き紙から1つ選び、何も書かれていないおみくじを伏流水が流れ込む池につけると結果がすぐ浮かび上がってきます。私はもちろん「大吉」でした!

パワースポット巡り_秩父神社水みくじ_001
パワースポット巡り_秩父神社水みくじ_002

おみくじを持ち帰りたい方は、備え付けのビニール袋に入れて持ち帰ることができます。

パワースポット・秩父神社みどころ

秩父神社の社殿彫刻

子宝・子育ての虎

江戸時代の代表的な名工・左甚五郎作と言われる「子宝・子育ての虎」。徳川家康公(ちなみに家康公は寅の年、寅の日、寅の刻生まれ)の威厳とご祭神を守護する使徒として彫ったものだそうです。

右側の小さい虎が子供で、その左が母親とのこと。さらに左側にも虎が描かれています。社殿正面の左側にあります。

パワースポット巡り_秩父神社_子育ての虎

お元気三猿

この三猿は「よく見て、よく聞いて、よく話す」と「お元気三猿」として親しまれています。日光東照宮の三猿は「見ざる、言わざる、聞かざる」と秩父の三猿は、全く真逆的な彫刻。社殿の左奥側にあります。

パワースポット巡り_秩父神社_お元気三猿_001
パワースポット巡り_秩父神社_お元気三猿_002

北辰の梟

体は本殿(南側)、頭は正反対(北側)を向いている「北辰の梟」。ご祭神である天之御中主神を常に見守っていると言われています。社殿の裏側にあります。

パワースポット巡り_秩父神社_北辰の梟_001
パワースポット巡り_秩父神社_北辰の梟_002

つなぎの龍

名工・左甚五郎作と言われる「つなぎの龍」

秩父観音堂場十五番札所である少林寺の近くにある天ヶ池という池に棲みついた龍があばれた際には、いつもこの龍の彫刻の下に水たまりが出来たので、この龍の彫刻を鎖でつなぎ止めたところ、不思議なことに龍が現れなくなったという伝説があります。

パワースポット巡り_秩父神社_つなぎの龍_001
パワースポット巡り_秩父神社_つなぎの龍_002

境内社(摂社・末社)

柞稲荷神社

ご祭神は倉稲魂神(うかのみたまのかみ)。五穀豊穣・諸産業繁盛の神様です。

パワースポット巡り_秩父神社_柞稲荷神社

皇大神宮

ご祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)。皇祖神、太陽の神、日本の総氏神様です。

パワースポット巡り_秩父神社_皇大神宮

諏訪神社

ご祭神は建御名方神(たてみなかたのかみ)とその妃・八坂刀売神(やさかとめのかみ)。風水守護・旅行安全の神様になります。

パワースポット巡り_秩父神社_諏訪神社

天神地祇社

昔から境内に鎮座する「天神地祇社」。全国の一ノ宮を中心として計75座の神々がお祀りされています。

パワースポット巡り_秩父神社_天神地祇社_001
パワースポット巡り_秩父神社_天神地祇社_002

天満天大社・禍津日社

ご祭神は、天満天大社が菅原道真公で学問の神様。禍津日社が禍津日神(まがつひのかみ、まがついのかみ)が祀られています。禍(マガ)は災厄、ツは「の」、ヒは神霊の意味であり、災厄の神様。悪そうなイメージがあるが、この神様を祀る事で災厄から逃れられると考えられるようになり、厄除けの守護神として信仰されるようになりました。

パワースポット巡り_秩父神社_天満天大社・禍津日社

東照宮

ご祭神は徳川家康公。子孫繁栄の神。家康公が現在の本殿を奉納したことから、秩父神社と深く特別な関係があります。

パワースポット巡り_秩父神社_東照宮

日御碕宮

ご祭神は須佐乃男神(すさのおのかみ)。農業の神、防災除疫の神様です。

パワースポット巡り_秩父神社_日御碕宮

豊受大神宮

ご祭神は豊受大御神(とようけのおおみかみ)。食物、穀霊の女神であり、伊勢神宮の外宮にも祀られています。

パワースポット巡り_秩父神社_豊受大神宮

御神木

樹齢約400年の大銀杏。秩父神社の代表的な御神木。御神木に手を触れて、パワー頂いている方も多々見られます。

パワースポット巡り_秩父神社_御神木_001

パワースポット・秩父神社のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

秩父神社のご朱印・御朱印

初穂料は300円。

パワースポット巡り_秩父神社ご朱印

秩父神社のお守り・御守り

 黄金色の蚕の繭で出来た「黄金守」を御授与頂きました。
パワースポット巡り_秩父神社_黄金守り

パワースポット・秩父神社まとめ

神社名秩父神社(ちちぶじんじゃ)
所在地〒368-0041 埼玉県秩父市番場町1−3
電話番号0494-22-0262
交通アクセス・秩父鉄道秩父駅より徒歩3分
・西武秩父線西武秩父駅より徒歩15分
ご祭神・御祭神八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)
知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
秩父宮雍仁親王(ちちぶのみややすひとしんのう)
ご利益・ご神徳学業成就、合格祈願、開運、家内安全、子孫繁栄など
URLhttp://www.chichibu-jinja.or.jp/
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket