LINEで送る
Pocket

今年も残すところもうわずか。「酉年」から2018年は「戌年」

神社で戌(いぬ)と言えば、八幡様の眷属、神の使いと呼ばれる「狛犬」を思い浮かべる人も多いかと思います。

でも今回はそんな干支である「戌(いぬ)」の先祖にちなんだ初詣にふさわしいオススメの神社をご紹介致します。

犬の先祖・大口真神(オオクチマガミ)とは

大口真神_001

画像はウェブサイトより

ご存知の通り、犬の先祖と言えば、「狼」を思い浮かる人が多いはず。

諸説ありましたが、最新の研究でDNA解析により、犬は約13万5000年前にオオカミからの突然変異種ということが証明されました。

日本武尊一行の苦難をお助けした山犬様である、大口真神(おおくちのまがみ、おおぐちまかみ)は、日本に生息していた狼(ニホンオオカミ)が神格化したものであり、御神犬とも呼ばています。

大口真神は人語を理解し、人間の性質を見分ける力を有し、善人を守護し、悪人を罰するものと信仰されてきました。

この神様を1年間借り上げ家をも、身をも守ってもらうことで、邪気・怪のものから身を守り(厄除け)、特に火難や盗難から守る力があるとされています。

2018年戌年にぜひ訪れて欲しい大口真神祀った神社

大口真神を祀った神社は埼玉県の秩父地方を中心に大変信仰を集めております。東海・関西地方も一部紹介させて頂いていますが、特に関東・東京を中心とした神社をご紹介したいと思います。

三峯神社 (埼玉県秩父郡大滝村三峰)

2018年戌年_三峯神社

まずは関東・埼玉の秩父三大神社のひとつとして数えられる『三峯神社』。特に毎月1日は頒布される『白い氣守』が有名です。

日本武尊の伝説や狼(大口真神)を守護神とし、狛犬の代わりに神社各所に狼の像が鎮座しています。

予想される初詣参拝客は約3万人

昨年の初詣の状況を調べて見ると、

  • 大晦日の夜から大渋滞で、車は全然動かず、午後7時でも混雑で駐車場にも入れない
  • 混雑のため途中下車し、鳥居の手前まで歩いて行ったが白い氣守り手に入れる為には、テントをはった人や椅子に座っている人が200メートル
    くらい行列で並んでいる。

とのことで、初詣や初日の出を見るのであれば、かなりの覚悟が必要になります。

武蔵御嶽神社 (東京都青梅市御岳山)

パワースポット巡り_武蔵御嶽神社

写真はウェブサイトより

武蔵御岳山の山上に鎮座する『武蔵御嶽神社』

ロープウェイを利用して山上へ。本殿からさらに約2時間ほど歩いたところに奥宮があります。但し冬場には熊の目撃情報があったりと、奥宮に参拝される場合にはそれなりの装備をしていくことをオススメ致します。

そして御嶽山には、

『日本武尊が東征の際、この御岳山から西北に進もうとされたとき、深山の邪神が大きな白鹿と化して道を塞いだ。尊は山蒜(やまびる=野蒜)で大鹿を退治したが、そのとき山谷鳴動して雲霧が発生し、道に迷われてしまう。そこへ、忽然と白狼が現れ、西北へ尊の軍を導いた。尊は白狼に、大口真神としてこの御岳山に留まり、すべての魔物を退治せよと仰せられた。』

という言い伝えがあります。

実際に、御嶽神社の眷属である狼を祀っている「大口真神社(おおくちまがみしゃ)」があり、授与品にも大口真神にまつわるものがあります。

パワースポット巡り_武蔵御嶽神社お守り_001
パワースポット巡り_武蔵御嶽神社お守り_002

予想される初詣参拝客は約3万人

宝登山神社(埼玉県秩父郡長瀞町)

2018年戌年_宝登山神社

三峯神社と並び秩父三大神社のひとつとして数えられる『宝登山神社』

宝登山神社は今から約1900年前、日本武尊が東征の際に神武天皇・山の神・火の神をお祀りしたのが起源と伝えられています。

その日本武尊(やまとたけるのみこと)が登山の折、山火事に遭うも、巨大な犬が何頭も現れて火を消し止め、山頂へと導いてとされ、秩父地方にある狼(大口真神)信仰の社の一つでもあります。この犬たちは神の使いに違いないと感謝し、この山を火止山(ほどやま)と呼ばれるようになりました。

予想される初詣参拝客は約5万人。宝登山神社の詳細はこちらよりご覧下さい。

釜山神社 (埼玉県大里郡寄居町)

2018年戌年_釜山神社

写真はウェブサイトより

秩父(甲州)往還の釜伏峠に鎮座する古社である『釜山神社』。秩父線波久礼駅から歩くと40分くらいかかります。

「釜伏山」「釜山神社」の名が付けられたのは、日本武尊がこの神社に立ち寄って山頂において神様に供える粥を釜でたかれ、この釜を神体岩上に伏せ願望成就の祈りをしたからだと伝えられます。

そして三峯神社に次ぎ狼像が多い社としても有名で、狼(大口真神)を御祭神とする社であります。

予想される初詣参拝客は、調べてみました分りませんでした。

山住神社 (静岡県磐田郡水窪町山住)

2018年戌年_山住神社

写真はウェブサイトより

山住峠にあり、お犬さま信仰で知られる『山住神社』

三方ケ原の戦いで苦戦中の徳川家康が武田勢に追われ山住に逃げ込んだ時、山全体が鳴動し山犬の大音声がおこり、それに驚いた武田勢は退散したそうです。以来、徳川家康の崇敬を受けて、それ以来狼(大口真神)信仰が厚い神社です。

予想される初詣参拝客は、調べてみました分りませんでした。

大川神社 (京都府舞鶴市大川)

2018年戌年_大川神社

写真はウェブサイトより

大川大明神といい顕宗天皇元年に祀られたといわれる舞鶴市内最古の神社の『大川神社』

明神のお使いは狼といわれ、京都府史によれば、近国から大川神社に祈願すれば、必ずその地に狼が現れて鹿猪などの害を食い止めたと言われています。

予想される初詣参拝客は不明ですが、舞鶴市の内外から多くの人が参拝に訪れる、初詣スポットとなっています。

最後に忘れてはいけないこと

パワースポットめぐり_常久八幡宮

今回初詣にふさわしいということで、犬の先祖である大口真神を祀っている神社をご紹介させて頂きました。

ですが、まずは自分を守ってくれる、自分たちの生活に密着した氏神様(自らの住む土地をお守りくださる神様のこと)を大切にし、忘れずにお参りしてください。

氏神様が分らない場合は各都道府県に神社庁ありますので。そちらに電話し、自分の住所を言い、氏神様を教えて欲しいと言えば、分る範囲教えてくれますので、一番手っ取り早いと思います。

都道府県神社庁の電話番号

(出典)神社の謎 合田道人著より抜粋

 

日を改めてでも構いませんので、時間が許するのであれば、ぜひ今回ご紹介させて頂いた神社に参拝してみてください。

LINEで送る
Pocket