目次

LINEで送る
Pocket

パワースポット(神社仏閣など)に関するよくある疑問をまとめてみました。皆様のお役に立てば幸いです。

パワースポットについて

パワースポットQ&A_パワースポット

Q.パワースポットに1日何ヶ所も行ってもいいのでしょうか?

  A 個人差はありますが、何ヶ所も行くと人によって疲れてしまうことがあります。パワースポットでは気ままにのんびり過ごすことをオススメいたします。

Q.パワースポットへ行く最適な時間はありますか?

  A 早朝がオススメです。神社やお寺でも午前中にお参りすることをオススメいたします。

Q.パワースポットにも相性があるって本当ですか?

  A 諸説ありますが、万物には「空」「地」「水」「火」「風」の五つの属性に分類されるという考えがあり、自分との相性のよい属性があり、相性が悪い場合、そのパワースポットに行くのは逆効果であるというものです。詳しくはこちらをご覧ください。

寺社について

パワースポットQ&A_神社とお寺

Q.そもそも神社とお寺、何が違うのですか?

  A 簡単には「仏像があり、お坊さんの住むところがお寺」「日本の神様が住むところが神社」ということでしょうか。詳しくはこちらを参考にしてください。

Q.初詣は神社?それともお寺?どっちが正しいのですか?

  A あなたが行きたい方に行けば問題ありません。明治時代初期に神仏分離が行われ、神道・仏教が明確に分けられましたが、神仏習合時代の習慣はいくつも残っており、初詣もその一つです。

Q.鳥居はなぜ朱色が多いのですか?

  A 古代人は魔除けに朱色を使っていました。朱は燃える火や沈む太陽、ひいては血の色で、呪術的な意味合いを持つ色だったようです。

Q.ご神体とそもそも何ですか?

  A ご神体は神様の依代で、鏡、剣、勾玉、山や滝など様々です。現世的な身体をもたない神様は、それら現世の「物」に依り憑く存在と考えられています。

Q.神社には動物の像があるのは何故ですか?

  A ご祭神にゆかりのある動物たちで、神のお使い「神使」を仰せつかった動物たちです。狐、鹿、鶏、牛、兎、鰻、猿、鳩、海蛇、亀、烏、猪などさまざまな神使がいます。

Q.本殿と他に参道などにある摂社・末社にも参拝した方がよいのですか?

  A 参拝し、お賽銭もあげてください。お賽銭はその神社のご祭神のお供え物や摂社・末社の改築や修復などに使われます。

Q.より願いが叶いやすい参拝ってあるのですか?

  A 参拝には「観光参拝」と「正式参拝」があります。

 「観光参拝」は神社にせっかく来たのだから、参拝して帰ろうと、自分勝手に願って変えることです。それに比べて、「正式参拝」とは、「神様に会いに行く」という気持ちで、スーツを着て、無駄話せず、心を静めて参道を歩き、初穂料を納め、昇殿してご神前に参拝することです。

Q.願いが叶いづらい神社があると聞いたのですが・・・

  A 「すがすがしい感じがする」と思えたら、そこはご神気が流れている神社です。逆に、神社や境内が汚い、しめ縄がボロボロだったりと「居心地が悪い」と感じたら、願いも叶いづらいと言えるでしょう。

おみくじについて

パワースポットQ&A_おみくじ

Q.「おみくじ」って今まで気軽に引いてたけど、 一体どんな種類があるの?

  A 「おみくじ」を、よい順番に並べると、大吉、中吉、小吉、吉、半吉、末吉、末小吉、凶、小凶、半凶、末凶、大凶となります。

中には大大吉、大上吉、後吉とか、珍しいものでは平、吉凶未分、吉凶相交、おっかない恐、大恐などいろいろあります。平(たいらが一般的な読み方)などは、神社などによって意味合いが違いますが、氷川神社(埼玉県)、下鴨神社(京都府)、石清水八幡宮(京都府)、住吉大社(大阪府)、戸隠神社(長野県)、厳島神社(広島県)、金刀比羅宮(香川県)などで引ける可能性があります。

Q.「おみくじ」って何回もひいていいのですか?

   A おみくじは1度きりと決まっているわけではありません。

私の場合には1回に1度にしています。神様はおみくじを通して、今のあなたに必要なことを教えて下さいます。おみくじの結果に一喜一憂する必要はありません。凶が出ても、大吉が出ても、大切なのは、ご神意に耳を傾けて、「神様は何を伝えようとしていらっしゃるのか?」と考えてみることです。

Q.「おみくじ」はなぜ木に結ぶんですか?

   A いい結果にしろ悪い結果にしろ肝に銘じるため、持って帰るのがほんとうです。

 特にいい結果を引き当てた場合などは、財布などに入れて持っているとよいです。ただそうは言っても現在は、邪気を祓う意味もあり、悪い結果がでた場合だけはしっかりと木に結びづけるのが普通です。

Q.持ち帰ったおみくじは、どう処分すればよいのでしょうか?

  A おみくじを引いた神社の古札納所へ返納するのがよいです。直接行けないのであれば、家の近くの神社などでも 大丈夫です。「お焚き上げ」で燃やしてもらう方法もあります。また返納せずそのまま大切に持っていても問題ありません。

絵馬の書き方の注意点

お守りについて

パワースポットQ&A_お守り

Q.お守りを買ったはいいけど、どうするのが一番良いですか?

  A 常に身につけておくことが一番です。いつも持っているカバンにつけてもいいですし、首からぶら下げても大丈夫です。ただし、決して粗末に扱わないようにしてください。

Q.御朱印はお守りと同じ効果があるって本当ですか?

      A はい、お守りと同じ効果が得られます。利点として、お守りはいつ買ったか、忘れてしまうもの。御朱印の場合は日付が記入されるため、後で見たとき参拝した時期が分かるのがよい。お守り、御朱印両方でも問題ないが、お守りは1年後には出来るだけ納めることを忘れずに。

Q.お守りって色んな神社のものを身につけていいのですか?

  A 複数持っているからという理由でケンカすることはありません。

ただし、以下のことに注意しなければお守りの意味がありません。

  1. ・お守りは常に身のそばに持ち歩く(家の中におかれる場合には神棚同様、目線より高いところで綺麗な場所に置く)
  2. ・お守りに対して感謝の気持ちもつ
  3. ・常に新しいお守りにする
  4. ・お守りはお土産・記念品ではない

Q.お守りは人にあげてもいいのですか?

  A 送る人のために参拝しお土産に渡す場合は問題ありませんが、自分に効果のあったお守りを譲るのはNGです。

Q.お守りは必ず一年に一回交換する必要がありますか?

  A 一年経ったら、新しいものに交換しましょう。穢れることで、もののけが憑きやすくなるので気をつけてください。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク