LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、関東・東京にあり日本武道館の氏神でもある『築土神社』です。

またテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で、タレントの石原良純さんがの担当コーナー「良純未来図」内で参拝していました。

スポンサーリンク

パワースポット・築土神社とは

  • 築土神社_001

沿革・由緒

築土神社は、天慶3年(940年)6月、津久戸村(現千代田区大手町付近)に平将門の首を祀り、「津久戸明神」として創建されました。

江戸時代の文献によると、平将門の首(頭蓋骨や髪の毛)そのものが、当社内に安置されていたといわれ、将門信仰の象徴的神社となっていたそうです。

また当時日枝神社、神田明神とともに江戸三社の一つにも数えられることもあり、第二次世界大戦の戦災で焼失するまで、将門の首を納めたという首桶、将門の肖像画、木造の束帯坐像等が社宝として伝わっていたとされています。

ご祭神・御祭神

(主神) 天津彦火邇々杵尊(あまつひこほのににぎのみこと)
(相殿) 平将門公、菅原道真公

ご利益・ご神徳

武運長久・必勝祈願・勝運向上など

パワースポット・築土神社のみどころ

 力石

力石は江戸時代、神社や寺の境内で地元の若者たちが力比べに用いられたもの。

病気平癒・身体健康のパワーを授けてくれます。

パワースポット巡り_築土神社_力石

世継稲荷神社(田安稲荷)

御祭神は倉稲魂神(ウガノミタマノカミ)。

江戸時代二代将軍秀忠が社に参内し「代々世を継ぎ栄える宮」と称賛し、「世継稲荷」と称されるようになったと言われています。

また、文久2年に14代将軍家茂の正妻・和宮が子宝を願って参詣したことあることから、現代も後継者や子宝を願う人々に信仰されています。

パワースポット巡り_世継稲荷神社

パワースポット・築土神社のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

築土神社のお守り・御守り

下のお守りは違いますが、毎年1月1日~15日販売の「勝守」が大変人気があり、効果が絶大だそうです。

来年は是非入手したいと思います。

パワースポット巡り_築土神社お守り

築土神社のご朱印・御朱印

初穂料は300円です。

パワースポット巡り_築土神社御朱印

パワースポット・築土神社まとめ

神社名 筑土八幡神社(つくどはちまんじんじゃ)
所在地 〒102-0073 東京都千代田区九段北1-14-21
電話番号 03-3261-3365
交通アクセス ■地下鉄
東西線、半蔵門線、都営新宿線 九段下駅 <1番出口>より徒歩1分
都営三田線 神保町駅 <A2出口>より徒歩7分
有楽町線、南北線、都営大江戸線 飯田橋駅 <A4出口>より徒歩10分■JR
JR総武線 飯田橋駅 <東口>より徒歩10分■バス
都営バス 小滝橋発~九段下行(飯64系)「九段下」より徒歩1分
ご利益 武運長久・必勝祈願・勝運向上など
ご祭神 (主神) 天津彦火邇々杵尊(あまつひこほのににぎのみこと)
(相殿) 平将門公、菅原道真公
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket