LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、関東・東京の京王線聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩6~7分ほど歩いたところにある武蔵国一宮『小野神社』です。

スポンサーリンク

パワースポット・小野神社とは

  • パワースポット巡り_小野神社_001

沿革・由緒

小野神社は安寧天皇一八年二月初末の日御鎮座と伝えられ武蔵国開拓の祖神である天下春命(あめのしたはるのみこと)、祓戸四柱の一柱である瀬織津比咩命(せおりつひめのみこと)を主神として御奉祀申し上げている由緒ある神社である。

御社名は上代此地の呼び名であった小野の郷に由来するものであるが其の霊験の灼かなる神社としてやがて朝廷の上聞にも達せられ数々の奉幣にも預かり元慶八年七月には正五位上の神階を授けられた。

又、廷喜式が撰せられた折には武蔵国八座の一社として登載された。且つ国府の近在なることに由いて国司や住民の崇敬も殊の他篤く総社六所宮創建の砌には東殿第一次の席を与えられて一之宮と称された。

然して当社の社伝には永承六年源頼義陸奥守に任せられて下向の途次其子義家と共に参籠され太刀一振りと詠歌一首奉納の事績が繙かれ吾妻鏡にも養和元年四月一宮は吉富井蓮光寺と併記され更に建久四年八月の刻印ある経筒の銘に一宮別当松連寺が記録されている。

稍時代も下り安居院の神道集並に深大寺の僧長弁の私案抄を尋ねると当社は中世以来文珠菩薩を本地となした信仰も行われていた。斯くなる所此の近在は鎌倉末より戦国時代にかけて度々の戦乱や多摩川の氾濫があり当社にも多大の被災が及び衰微したが徳川二代将軍により造営再興された。

引用元: 小野神社ホームページより

ご祭神・御祭神

天乃下春命(あめのしたばるのみこと)【主祭神】
天下春命(あめのしたはるのみこと)は天表春命(あめのうわはるのみこと)の弟神と見られ、知々夫国造(ちちぶのくにのみやつこ)の先祖とされる。開墾の神として祀られています。

 

瀬織津比咩命(せおりつひめのみこと)【主祭神】
神道の大祓詞に登場するもろもろの禍事・罪・穢れを川から海へ流す女神様。縁結びのご神徳もあります。

 

伊弉冉尊(いざなみのみこと)
創造神、万物を生み成す神。イザナミ命、イザナギ命は、神話に中に最初に登場する夫婦の神である。産業繁栄。商売繁昌、出世開運や厄除け、病気平癒、縁結び、夫婦円満などご神徳は幅広い。

 

素盞嗚尊(すさのおのみこと)
農業神、防災除疫の神、歌人の神。八岐大蛇退治で有名な日本神話に登場する英雄。ご神徳は、水難・火難・病難除去、五穀豊穣など。また文学・学問上達、縁結びのご神徳もある。

 

大己貴大神(おおなむちのおおかみ)
国造りの神、農業・商業・医薬・縁結びの神。この神を祀る出雲大社から分霊された神社は、全国に1300社余りあると言われる。縁結びの神様(特に男性)として知られている。

 

瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
国造りの神、農業・商業・医薬・縁結びの神。この神を祀る出雲大社から分霊された神社は、全国に1300社余りあると言われる。縁結びの神様(特に男性)として知られている。

 

彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
穀霊神、稲穂の神。農業の守護神であり、漁業の守護神という2つの性格を備えている。

 

倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
五穀豊穣、諸産業繁盛の神。稲の精霊を神格化した神であり、総本山は京都の伏見稲荷大社である。

ご利益・ご神徳

厄除け、厄祓い、開運招福、病気平癒など

パワースポットセラピストが教える小野神社はこんなところ

“芸能界最強占い師”と言われるゲッターズ飯田さんが、2017年東京近郊ならココがとよい神社に選ばれた、知る人ぞ知るパワースポット『小野神社』。

主祭神である瀬織津比咩命(せおりつひめのみこと)は女神ということで女性に人気もあり、厄除け、厄祓い、そして縁結びの御利益、天乃下春命(あめのしたばるのみこと)は開墾の神、物事を切り開くという事から新しく事業や物事を始める方にオススメです。

また、2017年は皇居からみて北北西の方角にある場所がよく、ここ小野神社を含め、東京近郊だと一番良いのが埼玉県さいたま市大宮区にある氷川神社の総本社「大宮氷川神社」、そして東京都府中市にある「大國魂神社」が訪れるべき神社として紹介されていました。

パワースポット巡り_小野神社

そもそも一之宮とは、中世に全国的に確立した、国内の神格の格付けで、国内第一の鎮守という意味です。

南北朝時代の「神道集」には武蔵国には六社あり、小野神社(一之宮)を筆頭に小河神社(二之宮:あきる野市)、氷川神社(三之宮:さいたま市)、秩父神社(四之宮:秩父市)、金鑚神社(五之宮:児玉郡神川村)、杉山神社(六之宮:横浜市緑区)も記載されています。

このように小野神社は由緒正しい神社であり、東京都府中市にある大國魂神社(武蔵総社・六所宮)にはこの六つの神社がお祀りされています。

パワースポット巡り_大国魂神社

大國魂神社

また、聖蹟桜ヶ丘のひとつ手前の駅の中河原駅から5・600m北西の住宅地にある公園の横にも小野神社があります。

2つの説があり、多摩川の氾濫により社地が移動し、遷座を繰り返した結果、二社になったとする説と、こちらが元社で、多摩市に遷座した跡とする説があります。

パワースポット巡り_中河原・小野神社_001
パワースポット巡り_中河原・小野神社_002
パワースポット巡り_中河原・小野神社_003
パワースポット巡り_中河原・小野神社_004
パワースポット巡り_中河原・小野神社_005
パワースポット巡り_中河原・小野神社_006
パワースポット巡り_中河原・小野神社地図

中河原・小野神社地図

パワースポット・小野神社のみどころ

随神門

随神門に雷神・風神をはじめとする思わず見入ってしまうほど美しい彫刻を見ることができます。私はこれを見るだけでも十分価値があると思います。

  • パワースポット巡り_小野神社_随神門_001

木造随身倚像

東京都指定文化財に指定されている木造随身倚像が所蔵されています。普段扉は閉じられており、見ることはできません。

倚像とは、そもそも本像のように椅子にかけて両足を下に垂れた姿の像を言います。

この二体のうち古いほうの随身倚像(左側)は、因幡法橋応円・権律師丞源らにより奉納されたものであり、鎌倉仏師大弐宗慶法印によって色彩などの補修が行われその際新しい法の像(右側)が新調されたことを伝えていています。(出典:東京都文化庁)

檜材、寄木造りの木像で、室室町時代以前の随身像は、都内では資料が少なく貴重な文化財となっています。

パワースポット巡り_小野神社_木造随身倚像_001
パワースポット巡り_小野神社_木造随身倚像_002

写真はウェブサイトより

御神石

御神石は拝殿の手前にあります。このくぼみがハート型であることから、一部の女性の間では撫でると恋愛運がアップするとの話もあるそうですよ。参拝の際には忘れずに撫で撫でしてください!

パワースポット巡り_小野神社_ハート石

境内社合殿・秋葉神社

社殿の左手奥にある摂社・末社が祀られている境内社合殿には12柱の神々が奉斎されています。
パワースポット巡り_小野神社_末社殿

中に入ることはできないため、12柱の神々は鳥居をくぐった左側に記載があります。その12柱は以下の通りです。

伊勢神宮内宮(天照皇大神)
伊勢神宮外宮(豊受大神)
三嶋神宮(事代主命)
八坂神社(須佐之男命)
愛宕神社(軻遇突智命)
安津神社(日本足彦國押人命)
日代神社(大足彦忍代別命
鹿島神社(武甕槌命)
子安神社(木花開耶姫命)
厳島神社(市杵嶋姫命)
方便神社(鹽土老翁命)
摂社・堰宮神社(水分神)

パワースポット巡り_小野神社_012
秋葉神社(ご祭神は軻遇突智命)は小祠が別に置かれていてます。境内社合殿ともに忘れず御参りしてください。
パワースポット巡り_小野神社_011

南門

昔は大鳥居に続く場所に建っていたそうです。随神門新築後、ここに移築されたされたそうです。

パワースポット巡り_小野神社_南門

稲荷社

大鳥居をくぐり左側には稲荷社が鎮座しております。こちらも忘れずに御参りしてください。

パワースポット巡り_小野神社_稲荷社

御神木

小野神社に向かう道の途中に、小野神社の御神木があります。

パワースポット巡り_小野神社_御神木

写真はウェブサイトより

パワースポット・小野神社のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

小野神社のご朱印・御朱印

初穂料は500円。

パワースポット巡り_小野神社ご朱印

小野神社のお守り・御守り

厄難・消除のお守り(初穂料:700円)をご授与頂きました。 パワースポット巡り_小野神社御守り

パワースポット・小野神社まとめ

神社名 小野神社(おのじんじゃ)
所在地 〒206-0002 東京都多摩市一ノ宮1丁目18−8
電話番号 042-338-1151
交通アクセス 京王線聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩10分
ご祭神・御祭神 天乃下春命(あめのしたばるのみこと)
瀬織津比咩ノ大神(せおりつひめのおおかみ)
伊弉冉尊(いざなぎのみこと)
素盞嗚尊(すさのおのみこと)
大己貴大神(おおなむちのおおかみ)
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
ご利益・ご神徳 厄除け、厄祓い、開運招福、病気平癒など
URL http://onojinja.or.jp/
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket