LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、伊勢神宮の神々を祀り、神前結婚式の創始の神社としても知られる『東京大神宮』です。

スポンサーリンク

パワースポット・東京大神宮とは

  • パワースポット巡り_東京大神宮_001

沿革・由緒

江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯かけての願いでした。

明治の新国家が誕生すると、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建された当社は、最初日比谷の地に鎮座していたことから、世に「日比谷大神宮」と称されていました。

関東大震災後の昭和3年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改め今日に至っております。

現在広く行われている神前結婚式は、当社の創始によるものであり、今も神前において伝統的な結婚の儀式を守り伝えております。

引用元: 東京大神宮ホームページより

ご祭神・御祭神

  • 天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
  • 豊受大神(とようけのおおかみ)
  • 倭比賣命(やまとひめのみこと)
    【造化の三神(ぞうかのさんしん)】
  • 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
  • 高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
  • 神産巣日神(かみむすびのかみ)

ご利益・ご神徳

ご利益

縁結び、良縁祈願、厄除けなど

ご神徳

  • 天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)・・・太陽神、皇祖神、日本の総氏神様。あらゆる神徳を発揮する万能の神。
  • 豊受大神(とようけのおおかみ)・・・食物神、穀霊神。食物を司る女神として農業・漁業の守護をはじめとする衣食住に関わる諸産業の守り神として信仰され、また開運招福、災難厄除けなど
  • 倭比賣命(やまとひめのみこと)
    【造化の三神(ぞうかのさんしん)】
  • 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・・・宇宙の根源の神。ご神徳は、安産、長寿、招福、出世開運、学業上達、技術向上、海上安全、厄除け、病気平癒、中風病退除、養蚕守護など
  • 高御産巣日神(たかみむすびのかみ)・・・天神地祇の祖神、生成力の本源神、高天原の最高司令神。ご神徳は、諸願成就、開運招福、厄除け、縁結びなど
  • 神産巣日神(かみむすびのかみ)・・・生成力の本源神、出雲の神々の祖神、農耕の神。豊作、ご神徳は、縁結び、厄除け、開運招福など

パワースポットセラピストが教える東京大神宮はこんなところ

赤坂氷川神社出雲大社東京分祠ともに東京三大縁結び神社でもある『東京大神宮』

恋愛成就・縁結びのご利益で人気が高い神社ですが、「東京のお伊勢さま」と呼ばれていることが、縁結びのご利益とあまり結びつかないと思っている方も見受けられます。

しかし、結びの働きを司っている「造化の三神」をお祀りしていることから、縁結びのご利益が期待できます。

さらに神前結婚式というものが、明治33年、当時の皇太子殿下(のちの大正天皇)と九条節子様(貞明皇后)の御婚礼が、初めて宮中賢所の神前で行われた。東京大神宮ではこの慶事を記念して、一般向けに神前結婚式を創始した神社であるため、さらに縁結びのご利益に授かれるということに繋がっています。

パワースポット巡り_東京大神宮_010
そして神社内には、全7種類のユニークなおみくじがあり、おみくじと御祈祷だけの受付所もあります。
パワースポット巡り_東京大神宮おみくじ売場

そのユニークな「おみくじ」の中から3つご紹介します。

1つ目は、授与所で引くことのできる「おみくじ」は袋に入った「縁結びみくじ」です。丸い穴からはお花のイラストが顔をのぞかせています。

パワースポット巡り_東京大神宮縁結びみくじ

写真はウェブサイトより

袋をあけるとふんわりとお花の香りがしてきます。そしてこのおみくじで「大吉」をひくと、半年以内に彼氏・彼女ができると言う噂も・・・

2つ目は境内の中央の箱から引くことができる「恋文みくじ」。『万葉集』や『古今和歌集』などの歌集にある恋文に秘められた助言を読み解き、良縁へと導いてくれるおみくじです。

パワースポット巡り_東京大神宮恋文みくじ

写真はウェブサイトより

3つ目は着物をきた女の子の人形がついてくる可愛らしい「恋みくじ」。境内においてある箱の中から引くことができ、中には、未来の彼氏・彼女の予想が書かれています。血液型や干支など事細やかに書かれています。しかも、恋愛を成就させるための助言つき。かなり当たると評判で怖いくらいだそうです!

パワースポット巡り_東京大神宮恋みくじ

写真はウェブサイトより

パワースポット・東京大神宮のみどころ

飯富稲荷神社(いいとみいなりじんじゃ)

パワースポット巡り_東京大神宮_飯富稲荷神社_001

昭和62年に本殿東北の地から神門東の現在地に奉遷された「飯富稲荷神社」

日比谷大神宮の昔から境内社として奉斎されている稲荷神社であります。

ご祭神に稲荷大神(いなりのおおかみ)と大地主大神(おおとこぬしのおおかみ)を祀り、「飯富(いいとみ)」の名が示すように衣食住の神、商売繁昌・家業繁栄の神として広く崇敬されております。

また、名役者である九代目市川団十郎が信仰していたため、今でも芸能を志す人々が多く参拝しています。まずこちらの神社にご挨拶をしてから、本殿に参拝するのがよいでしょう。

また神社をよく見ると、金具の部分がハート型(実際は「猪目」という魔除けの模様)になっていますよ!パワースポット巡り_東京大神宮_飯富稲荷神社_002

パワースポット・東京大神宮のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

東京大神宮 お守り・御守り

邪気を祓うといわれる神聖な「麻」に、災難除けの色「朱」を使用し、紐の結び目はすべて縁起のよい「叶結び」である「幸せ叶守り」(初穂料:800円)をご授与頂きました。パワースポット巡り_東京大神宮お守り

東京大神宮 ご朱印・御朱印

初穂料は300円です。
パワースポット巡り_東京大神宮ご朱印

パワースポット・東京大神宮まとめ

神社名 東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)
所在地 〒102-0071 東京都千代田区富士見2丁目4−1
電話番号 03-3262-3566
交通アクセス JR中央・総武線「飯田橋駅」西口仮駅舎より徒歩5分
東京メトロ有楽町線・南北線「飯田橋駅」B2a出口より徒歩5分
東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」A4出口より徒歩5分
ご利益  縁結び、良縁祈願、厄除けなど
ご祭神
  • 天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
  • 豊受大神(とようけのおおかみ)
  • 倭比賣命(やまとひめのみこと)
    【造化の三神(ぞうかのさんしん)】
  • 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
  • 高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
  • 神産巣日神(かみむすびのかみ)
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket