LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、関東・東京にある東京大神宮出雲大社東京分祠と並び東京三大縁結び神社のひとつである港区赤坂にある『赤坂氷川神社』です。

スポンサーリンク

パワースポット・赤坂氷川神社とは

  • 赤坂氷川神社_001

沿革・由緒

天暦5年(951年)武州豊島郡一ツ木村(人次ヶ原)に祀られ、1000年以上の歴史を有します。創祀から100年後の治暦2年、関東に大旱魃が発生、降雨を祈願するとそのしるしがあり、以来よく祭事が行われました。

江戸時代に入り、幕府の尊信は篤く、8代将軍 徳川吉宗公が享保元年(1716年)、将軍職を継ぐに至り、同14年(1729年)に老中岡崎城主水野忠之に命じ、現在地(忠臣蔵・浅野内匠頭の夫人、瑶泉院の実家・浅野土佐守邸跡)に現社殿を建立、翌15年(1730年)4月26日に遷座が行われ、28日に将軍直々のご参拝がありました。

以降、14代家茂公まで、歴代将軍の朱印状(港区文化財)が下附されました。

明治31年には古呂故稲荷、地頭稲荷、本氷川稲荷、玉川稲荷の四合稲荷神社、大正14年に、鈴降稲荷神社、縁起稲荷神社二社を、また昭和9年に、明徳稲荷神社の計7社を遷座合祀したそうです。

引用元: 赤坂氷川神社ホームページより

ご祭神・御祭神

素戔嗚尊(すさのおのみこと)
奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)
大己貴命(おおなむちみこと)

ご利益・ご神徳

良縁、縁結び、恋愛成就、安産、開運、厄除けなど

パワースポットセラピストが教える赤坂氷川神社はこんなところ

縁結び、恋愛成就のご利益を得たい方にオススメです。

ご祭神である大己貴命(おおなむちみこと)が出雲神社に鎮座する縁結びの神であること、また素戔嗚尊(すさのおのみこと)の妻である奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)が良縁の守護神であることがその理由。

公園になっているため、お子さん連れの方が遊んでいたりと神社というより公園って感じです。

そんなところでもありますから、雰囲気自体も優しい感じがする神社です。

パワースポット巡り_赤坂氷川神社_007

パワースポット・赤坂氷川神社のみどころ

氷川神社のいちょう

幹周7.50m、樹高25m、樹齢推定400年のイチョウは天然記念物に指定されています。

パワースポット巡り_赤坂氷川神社のいちょう

四合(しあわせ)稲荷神社

古呂故稲荷、地頭稲荷、本氷川稲荷、玉川稲荷の四社が合祀されています。

四社を明治三十一年、遷座合祀し、赤坂に住み幕末に活躍した勝海舟によって、四合(しあわせ)稲荷と命名されました。

四合(しあわせ)=「幸せ」、何にか御利益がありそうですね。

パワースポット巡り_四合(しあわせ)稲荷神社

西行稲荷神社

  • 西行稲荷神社_001

享保年間(1716~1735)に西行五兵衛というものがおり、通行中に狐の形をした三寸程の稲荷のご神体像を拾い、勧請したため「西行稲荷」となりました。

その後、氷川神社境内に遷宮し、別名「火伏の稲荷」ともいわれ、火災除のご利益があると言われています。

また西行稲荷稲荷神社の隣には布袋尊像、岩穴には小さな狐がたくさん。

布袋尊像は心身が健康になるご利益がありますので、しっかりと御参りを。

パワースポット・赤坂氷川神社のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

赤坂氷川神社のお守り・御守り

左が赤坂氷川さまのいちょう守り、真ん中がやかん鈴、右が仕事縁守。

やかん鈴は「幸福を沸かす、幸福を注ぐ」という由来のある珍しい縁起物の鈴。あまり見かけない授与品ではないでしょうか。

パワースポット巡り_赤坂氷川神社お守り

赤坂氷川神社のご朱印・御朱印

初穂料は300円。

パワースポット巡り_赤坂氷川神社御朱印

パワースポット・赤坂氷川神社まとめ

神社名 赤坂氷川神社(あかさかひかわじんじゃ)
所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂6-10-12
電話番号 03-3583-1935
交通アクセス 千代田線「赤坂駅」より徒歩8分
日比谷線・大江戸線「六本木駅」より徒歩8分
南北線「六本木一丁目駅」より徒8分
都バス「アークヒルズ前」より徒歩8分
ご利益・ご神徳 良縁、縁結び、恋愛成就、安産、開運、厄除けなど
ご祭神・御祭神 素戔嗚尊(すさのおのみこと)
奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)
大己貴命(おおなむちみこと)
URL https://www.akasakahikawa.or.jp/
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket