LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、関東・東京の日本橋にあり、阿部寛さん主演の映画「麒麟の翼」にも登場し、小さいながら人気を誇る神社『小網神社』です。

スポンサーリンク

パワースポット・小網神社とは

  • 小網神社_001

沿革・由緒

武蔵国豊島郡入江のあたりに万福庵という観世音と弁財天とを安置する庵がありました。この庵は恵心僧都の開基で、観世音と弁財天も僧都の作と伝えられています。開基の年代は明らかではありませんが、恵心僧都の歴史を考えれば、今からおよそ一千年前ということになります。

文正元年(西暦1466年)、庵の周辺で悪疫が流行し、人々は困り果てていました。そんななか、網師の翁が海上で網にかかった稲穂を持って庵を訪れ、数日間をこの庵で過ごしました。ある夜、庵の開基・恵心僧都が当時の庵主の夢枕にたち、網師の翁を稲荷大神と崇めれば、村の悪疫は消滅することを告げます。 夜が明け、網師翁の姿は庵にはありませんでしたが、庵主は恵心僧都の託宣を村人たちに告げ、翁を小網稲荷大明神と称え、神社を創建して日夜祈願をつづけました。すると間もなく村の悪疫は鎮まり、村人たちは歓喜したといわれています。

領主・太田持資公(道灌)も、この御神徳を聞き、折に触れて、当神社を詣でました。そして土地を寄附し、小網山稲荷院万福寿寺と名づけたと伝えられています。慶長年間(西暦1596~1615年)には、これらにちなみ周辺地域が小網町と名づけられ、当神社を氏神と崇めました。

明治維新後の神仏分離令によって社寺は分離、小網稲荷神社として明治6年7月5日、村社に指定されました。現社殿・神楽殿は、大正期の明治神宮造営の工匠長・内藤駒三郎宮大工一門により、昭和4年に造営されました。その後の戦禍を免れ、現在は日本橋地区に残されている唯一の木造檜造りの神社建築となっています。特に、向拝に施された「昇り龍」と「降り龍」の彫刻は見事なもので、「強運厄除の龍」として拝されています。戦後の宗教法人化に伴い、名称は「小網神社」となりました。社殿・神楽 殿などは現在、中央区の文化財に登録されています。

引用元: 小網神社ホームページより

ご祭神・御祭神

倉稲魂神(うかのみたまのかみ)
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
福禄寿(ふくろくじゅ)など

ご利益・ご神徳

強運厄除、金運アップ

パワースポット・小網神社のみどころ

東京銭洗い弁天・福禄寿

「銭洗いの井」で金銭を清め、財布などに入れておくと財運を授かることから「東京銭洗い弁天」とも呼ばれています。

パワースポット巡り_小網神社_東京銭洗い弁天

健康・長寿・福徳・人徳の神様である小網福禄寿様にも忘れずにお参りください。

パワースポット巡り_小網神社_福禄寿

まゆ玉みくじ

パワースポット巡り_小網神社_まゆ玉みくじ

本物のまゆ玉の中に入っている珍しいおみくじ。

境内でゆらゆらと揺れていますが、蚕が作るまゆ玉は、生命力を意味する縁起物ですので、おみくじを抜いた後は、お守りとして持ち帰ってくださいとのことです。

強運厄除の龍

見事な彫刻である「昇り龍」と「降り龍」。この「強運厄除の龍」は強運厄除の御利益のシンボルとして崇められています。

パワースポット巡り_小網神社_強運厄除の龍

パワースポット・小網神社のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

小網神社のお守り・御守り

左は弁財天様の御守り。真ん中は御福銭。右は強運厄除の御守りを御授与いただきました。

パワースポット巡り_小網神社御守り

小網神社のご朱印・御朱印

小網神社、福禄寿、弁財天の3種類のご朱印があります。初穂料は各300円。

  • 小網神社御朱印

小網神社まとめ

神社名 小網神社(こあみじんじゃ)
所在地 〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町16−23
電話番号 03-3668-1080
交通アクセス 東京メトロ日比谷線「人形町」駅A2出口より徒歩5分
都営地下鉄都営浅草線「人形町」駅A5出口より徒歩7分
東京メトロ東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅8出口より徒歩10分
東京メトロ東京メトロ東西線「茅場町」駅10出口より徒歩15分
ご利益・ご神徳 強運厄除、金運アップ
ご祭神・御祭神 倉稲魂神(うかのみたまのかみ)
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
福禄寿(ふくろくじゅ)など
URL http://www.koamijinja.or.jp/index.html
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket