LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、関東・東京にある摂社のご授与品である羽織狐と裃狐が有名な『玉姫稲荷神社(口入稲荷神社)』です。

スポンサーリンク

パワースポット・玉姫稲荷神社とは

  • パワースポット巡り_玉姫稲荷神社_001

沿革・由緒

760年(天平宝字4年)、京都・伏見稲荷大社より御分霊を勧請し創建されたのが始まりとされています。

1333年(正慶2年)に新田義貞追討の際に、襟掛の御影弘法の筆を瑠璃の宝塔に収めてたことから、「玉秘め」の社号の由来となったと言われています。

社殿は1911年(明治44年)に新吉原で発生した大火や1923年(大正12年)の関東大震災などでたびたび焼失。1952年(昭和27年)5月に現社殿が再建されました。

ご祭神・御祭神

宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)

ご利益・ご神徳

商売繁盛・出世開運

パワースポットセラピストが教える玉姫稲荷神社・口入稲荷神社はこんなところ

ご祭神は宇迦之御魂大神(うかのみたまのかみ)。ご神徳は五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、芸能上達など願い事は何でも可能です。

また神主さんがいらっしゃる時には見せて頂くことが可能だと思いますが、玉姫稲荷神社の拝殿内には、江戸時代の作とされる作者不明の玉姫の木像があります。

パワースポット巡り_玉姫稲荷神社_004

玉姫の木像を書いて欲しい棟方志功に依頼し、玉姫を描いた実に女性らしいハガキサイズの絵があります。実は玉姫様は女性ではないとことです。

玉姫という名前を聞いて女性と思い込んだ棟方志功が間違って描いたと神主の方がおっしゃっていました。

パワースポット・玉姫稲荷神社のみどころ

摂社・口入稲荷神社

  • パワースポット巡り_口入稲荷神社_001

仕事を斡旋するという意味の「口入れ」。

かつて新吉原の高田屋という口入宿に稲荷社があったが、江戸時代に店主が夢で「玉姫稲荷神社」に遷すようにとお告げがあったため遷座したとのことです。

そして奥には見落としがちですが、狐穴がありますので、こちらにも御挨拶を忘れずにしてください。

八社殿

玉姫稲荷神社の拝殿の隅に八つの神社を合祀した八社殿があります。
パワースポット巡り_玉姫稲荷神社_八社殿

パワースポット・玉姫稲荷神社のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

玉姫稲荷神社のお守り・御守り

御守りではありませんが、口入稲荷神社のご授与品である羽織狐と裃狐。

この羽織狐と裃狐。一般の願い事の祈願には、まず金色の羽織狐を頂いて神棚に祀り、願いが成就したら、銀色の羽織狐を頂いて一対にして拝殿に奉納します。

パワースポット巡り_玉姫稲荷神社_口入稲荷神社羽織狐・袴狐

良縁・縁談の祈願の場合は、座り姿の金色の裃狐にて祈願し、成就したらこれも銀色の裃狐を添えて一対として奉納するのが習わしです。

(注意)
一度訪れた時は、神主さんが不在でご授与頂くことができませんでした。月に1~2週間くらい出掛けているとのことですので、ご授与頂きたい場合にはお気を付け下さい。

玉姫稲荷神社のご朱印・御朱印

初穂料は300円。

パワースポット巡り_玉姫稲荷神社・口入稲荷神社御朱印

パワースポット・玉姫稲荷神社/口入稲荷神社まとめ

神社名 玉姫稲荷神社(たまひめいなりじんじゃ)・口入稲荷神社(くちいりいなりじんじゃ)
所在地 〒111-0022 東京都台東区清川2-13-20
電話番号 03-3872-3411
交通アクセス JR常磐線・東京メトロ日比谷線「南千住駅」 徒歩10分
ご利益・ご神徳 商売繁盛・出世開運
ご祭神・御祭神 宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket