LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、旧品川宿の地にあり、関ヶ原の戦い前に徳川家康が戦勝祈願をしたこともある『品川神社』です。

スポンサーリンク

パワースポット・品川神社とは

  • パワースポット_品川神社_001

沿革・由緒

後鳥羽天皇の御世、文治三年(1187年)に、源頼朝が海上交通安全と、祈願成就の守護神として、安房国の洲崎明神である、天比理乃命(あめのひりのめのみこと)を勧請して、品川大明神と称した。

その後文明10年6月太田道灌、素蓋鳴尊を勧請。慶長5年徳川家康関ケ原の戦に出陣の折、神前にて祈願し太々神楽を奏し、後神輿、假面等奉納。

寛永14年將軍家光の命により東海寺鎭守と定められて、今は社名を品川神社と改めた。

ご祭神・御祭神

天比理乃命(あめのひりのめのみこと)
素盞嗚尊(すさのおのみこと)
宇賀之売命(うがのめのみこと)

ご利益・ご神徳

交通安全、金運など

パワースポットセラピストが教える品川神社はこんなところ

やはり「一粒萬倍の泉」のご利益を頂けるため、金運アップしたい方におすすめ致します。

金運アップ画像

品川神社の摂社である阿那稲荷神社(下社)に入ると一気に雰囲気が変わります。

パワースポット巡り_品川神社_阿那稲荷神社_002

神秘的な雰囲気の中、「一粒萬倍の泉」でお金や印鑑を清める。きっとご利益があると思わせてくれます。

パワースポット巡り_品川神社_一粒萬倍の泉2

パワースポット・品川神社のみどころ

双龍鳥居

大正14年の建造。双龍鳥居としては最も有名。彫りが深く、龍がはっきりと浮き彫りになっている。

東京に3つしかない双龍鳥居(残り2つは高円寺境内稲荷社、馬橋稲荷神社にある)で、3つの双龍鳥居の中でこれが一番古い。

パワースポット巡り_品川神社_双龍の鳥居

大黒天

品川神社は、東海七福神の1社で、大黒天を祀っており、入口に金運アップのパワースポットのひとつ大黒天がいます。

パワースポット巡り_品川神社_大黒天

富士塚

石段の途中に富士塚の登山口があります。
パワースポット巡り_品川神社_富士塚1
品川神社の富士塚は都内最大級。明治2年(1869)、北品川宿の丸嘉講社の講中300人によって造られた。神仏分離政策で一時破壊されたが、明治5年に再築し、大正11年(1922)第一京浜国道建設の時現在地に移築された。江戸後期に盛んだった民間信仰を知る上で、たいせつな文化財である。
パワースポット巡り_品川神社_富士塚2
富士塚の上から京急線と品川の街並みが一望できる。
パワースポット巡り_品川神社_品川の街並み
ちなみに都内最古は鳩森八幡神社にある富士塚である。

ぶじかえる

富士塚の麓に、地元の人がカエルの置物を寄進したことがきっかけとなり、 「富士山」+「カエル」=「無事かえる」という語呂合わせから、 交通旅行安全を守護している。社務所では「無事かえる」のお守りを授与していただくことができる。

パワースポット巡り_品川神社_ぶじかえる

富士浅間神社・御嶽神社・猿田彦神社

パワースポット巡り_品川神社_富士浅間神社
パワースポット巡り_品川神社_御嶽神社
パワースポット巡り_品川神社_猿田彦神社

 

阿那稲荷神社の「一粒萬倍の泉」

阿那稲荷神社には上社と下社があり、階段を下りた下社の方に「一粒萬倍の泉」があります。

パワースポット巡り_品川神社_阿那稲荷神社(上社)

下社の入口はこんな感じ。

パワースポット巡り_品川神社_阿那稲荷神社_001

中に入る建物内部は全体的に薄暗く、ほんのり赤いちょうちんの光が照らしています。

入ってすぐ左手には「稲荷大神様」。

パワースポット巡り_品川神社_阿那稲荷神社_003

正面に「八百萬神社」「大国主恵比須神社」「天王白龍弁財天社」があります。すべてにお参りすることをおすすめいたします。

パワースポット巡り_品川神社_阿那稲荷神社_002

そして、こちらが一粒萬倍(いちりゅうまんばい)の泉で、有名な金運アップのパワースポット。

パワースポット巡り_品川神社_一粒萬倍の泉1

掲示板には次のように書かれています。

一粒萬倍の御神水

万物は「天・地・水」の恵みをうけて生成化育し、
米は一粒の種より萬倍の稲穂となる。
当社稲荷は「上社」が「天の恵みの霊」を
「下社」が「地の恵みの霊」と「御神水」をお祀りする。
家門・家業の繁栄を祈り、印鑑・銭にこの水をそそぐが吉。
また、持ち帰りて家・店の入り口・四隅にそそぎ、
清く明るき心を持って暮らし、商売するが吉。
そそぎし銭の一部は門前・北品川の商家にて使用するが吉。

手前にあるザルにお金や印鑑をいれて、柄杓で一粒萬倍の御神水を注いで下さい。
清めたお金の一部は新馬場駅近くの商店街で使うとよいとのこと。
また一粒萬倍の御神水は持ち帰ることができ、持ちかえった水は家・店の入口・四隅にそそぐと良いとのこと。

パワースポット・品川神社のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

品川神社のお守り・御守り

真ん中は交通旅行安全のお守り「無事かえる守り」

右は天下一嘗の面。徳川家康が関ヶ原の戦いへ出陣の際に参拝して戦勝を祈願。その後、祈願成就の御札として仮面(天下一嘗の面)などを奉納したことにちなんでいます。

 パワースポット巡り_品川神社お守り

品川神社のご朱印・御朱印

初穂料は300円。

パワースポット巡り_品川神社御朱印

パワースポット・品川神社まとめ

神社名 品川神社(しながわじんじゃ)
所在地 〒140-0001 品川区北品川3-7-15
電話番号 03-3474-5575
交通アクセス 京浜急行「新馬場駅」(北口) 徒歩1分
ご利益・ご神徳 交通安全、金運など
ご祭神・御祭神 天比理乃命(あめのひりのめのみこと)
素盞嗚尊(すさのおのみこと)
宇賀之売命(うがのめのみこと)
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket