LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、参拝後6人が総理大臣になったことから「出世明神」と名高い『高麗神社』です。

スポンサーリンク

パワースポット・高麗神社とは

  • パワースポット巡り_高麗神社_001

沿革・由緒

高麗神社は、高句麗国の王族高麗王若光を祀る社である。

高句麗人は中国大陸の松花江流域に住んだ騎馬民族で、朝鮮半島に進出して中国大陸東北部から朝鮮半島の北部を領有し、約700年君臨していた。

その後、唐と新羅の連合軍の攻撃にあい668年に滅亡した。この時の乱を逃れた高句麗国の貴族や僧侶などが多数日本に渡り、主に東国に住んだが霊亀2年(716)そのうちの1799人が武蔵国にうつされ、新しく高麗郡が設置された。

高麗王若光は、高麗郡の郡司に任命され、武蔵野の開発に尽くし、再び故国の土を踏むことなくこの地で没した。

郡民はその遺徳をしのび、霊を祀って高麗明神とあがめ、以来現在に至るまで高麗王若光の直系によって社が護られており、今でも多勢の参拝客が訪れている。

引用元: パワースポット研究所 埼玉のパワースポットより

ご祭神・御祭神

高麗王若光(こまきしじゃっこう)

ご利益・ご神徳

出世・開運、安産・病気平癒など

パワースポットセラピストが教える高麗神社はこんなところ

朝鮮半島から渡来した高句麗人たちによって建立された「高麗神社」。宮司さんはご祭神である高麗王若光(こまきしじゃっこう)の子孫にあたる方が代々務めていて、今で60代目だそうです。

パワースポット巡り_高麗神社宮司

高麗神社の宮司・高麗文康さん

そんな高麗神社、一の鳥居をくぐると、将軍標(チャンスン)というとてもユニークな天下大将軍と地下女将軍の男女1対の2柱があります。これは日本の道祖神に相当する朝鮮半島の習俗で、集落や寺院の入口にあり、魔除けの意味があります。

パワースポット巡り_高麗神社_003

境内をさらに進むと、二の鳥居の手前に「芳名板」があり、参拝された政治家、芸能人、スポーツ選手など有名人の方々の名前が書かれています。

パワースポット巡り_高麗神社_019

写真はウェブサイトより

そして何と言っても高麗神社は、濱口雄幸、若槻禮次郎、斉藤実、小磯国昭、幣原喜重郎、鳩山一郎などが参拝した国会議員がその後、総理大臣なったことから『出世明神』と言われています。

出世・開運のご利益に授かりたい方におすすめの神社です。

そして参道の両側にある記念樹にはご利益に授かった総理大臣や国会議員や知事の名前がみられます。

パワースポット巡り_高麗神社_006
パワースポット巡り_高麗神社_007

パワースポット・高麗神社のみどころ

御神木

御神木は拝殿の近くにある「彼岸桜」と「ヒノキ」です。彼岸桜は3月中旬から下旬頃に開花をむかえます。

パワースポット巡り_高麗神社_017

写真はウェブサイトより

パワースポット巡り_高麗神社_018

写真はウェブサイトより

 

高麗水天宮

境内の山頂には高麗水天宮(ご祭神:安徳天皇)がお祀りされています。

江戸時代末期の建立と言われ、江戸の人形町の水天宮御分霊を勧請したものと言われています。

御神徳は、無事産み出す「安産」、体内から病を排出する「病気平癒」。

参拝には急な山道を登っていき、また結構滑りやすいので、ご注意ください。

パワースポット巡り_高麗神社_013
パワースポット巡り_高麗神社_014

高麗家住宅

慶長年間(1596年~1614年頃)に建てられた高麗氏の旧住宅。建物は茅葺の入母屋造り、建築様式は古く昭和46年に国の重要文化財に指定されています。

昭和51年には現在の皇太子様が参拝した折に見学されたそうです。また住宅脇にある枝垂れ桜は樹齢400年を超え、3月中旬頃が見ごろです。

パワースポット巡り_高麗神社_015

写真はウェブサイトより

パワースポット巡り_高麗神社_016

写真はウェブサイトより

神楽殿

祭事や催し時には、祭祀舞や神楽舞、雅楽、狂言などが奉納されます。私が参拝した時も神楽舞が奉納されていました。

パワースポット巡り_高麗神社_012

パワースポット・高麗神社のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

お守り・御守り

出世開運御守と三足烏(さんそくからす)御守をご授与頂きました。

三足烏というと熊野大社を連想させますが、高句麗の国のトレンドマークでもありました。このお守りは高麗郡創設1300年記念事業として特別に奉製されたもので、「諸願成就のお守り」です。

パワースポット巡り_高麗神社お守り

パワースポット・高麗神社周辺みどころ

高麗山聖天院勝楽寺

高麗神社から徒歩5分ほどのところにある高麗山聖天院勝楽寺は、高麗神社のご祭神高麗王若光の菩提を菩提を弔うため、その侍念僧勝楽が751年(天平勝宝3年)創建、高麗王若光の守護仏聖天像(歓喜天)を本尊としたと伝えられます。

庭園などを見る際には拝観料が掛りますが、参拝して損はないと思います。9月頃ですと、高麗神社から歩いていく途中にちらほらと道端に咲いている彼岸花も良い感じです。

高麗神社と合わせてこちらも参拝してください。

  • パワースポット巡り_高麗山聖天院勝楽寺_001

曼珠沙華の里「巾着田」

春には約100本の桜は堤に沿って咲き、秋には日本一の群生を誇る曼珠沙華(彼岸花)が真っ赤なじゅうたんを敷き詰めます。

高麗神社から徒歩30分とかなり歩きますが、9月に見頃を迎える曼珠沙華(彼岸花)は見事という他ありません。
巾着田

パワースポット・高麗神社まとめ

神社名 高麗神社(こまじんじゃ)
所在地 〒350-1243 埼玉県日高市新堀833
電話番号 042-989-1403
交通アクセス JR八高線「高麗川」駅より徒歩20分
ご利益 出世・開運、安産・病気平癒など
ご祭神 高麗王若光(こまきしじゃっこう)
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket