LINEで送る
Pocket

今回の開運へ導くパワースポット巡りは、全国名水百選「秦野盆地湧水群」の一つ、ご神水「井之明神水」が湧出している『曾屋神社』です。

スポンサーリンク

パワースポット・曾屋神社とは

  • パワースポット巡り_曾屋神社_001

沿革・由緒

おおよそ1,190年あまり前、天長年間の御鎮座とされております。土地の貴重な湧水地であったため、「水を司る神様」をおまつりしたことが創始であります。

『相模国風土記』によると、「井之明神社祭神詳らかならず、神体石二個を置き、例祭九月九日、天正十九年(およそ420年前)社領三石五斗の御朱印を賜る。老杉(円一丈二尺余り)を御神木とす。幣殿・拝殿・神楽殿建てり。末社、稲荷・浅間・毘沙門・三峰」とあります。

また、「井之大明神」と称し、享保八年二月八日(およそ220年前)、神祇管領匂當長上従二位 卜部朝臣兼敬より「正一位」の極位を奉授されております。

明治六年「井之明神社」に村内鎮座の、「加羅子神社」「八幡神社」「熊野神社」「加茂神社」「白山神社」「牛頭天王社(後に分祀)」を合祀し、曾屋の村名を冠し「曾屋神社」と改称し、郷社に列せられました。

大正十年七月五日、神奈川県告示第二百二十号を以って神饌幣帛供進の神社に指定されました。

昭和六十一年六月二十三日、神奈川県神社庁献幣使参向神社に指定され、現在に至っております。

引用元: 曾屋神社ホームページより

ご祭神・御祭神

水波能売命(ミズハノメノミコト)
伊邪那美命(イザナミノミコト)
誉田別命(ホンダワケノミコト)
事代主命(コトシロヌシノミコト)
加茂別雷命(カモワケイカツチノミコト)
菊理比売命(ククリヒメノミコト)

ご利益・ご神徳

ご利益

安産・子授け・縁結びなど

ご神徳

  • 水波能売命(ミズハノメノミコト)・・・灌漑用水の神、井戸の神、安産の神
  • 伊邪那美命(イザナミノミコト)・・・創造神、万物を生み成す女神。ご神徳は、産業繁栄、商売繁昌、出世開運、豊作・大漁、家内安全、厄除け、延命長寿、無業息災・病気平癒、縁結び、夫婦円満、安産・子育てなど
  • 誉田別命(ホンダワケノミコト)・・・文武の神。ご神徳は、国家鎮護、殖産興業、家運隆昌、成功勝利、教育、交通安全、悪病災難除けなどの諸願成就。
  • 事代主命(コトシロヌシノミコト)・・・託宣神、海の神、福の神。ご神徳は、海上安全、豊漁、五穀豊穣、商売繁盛、福徳円満、開運、厄除け、病気平癒など
  • 加茂別雷命(カモワケイカツチノミコト)・・・治水の神、農業の神。ご神徳は、諸災厄除け・開運の神として一般の崇敬を集めている。
  • 菊理比売命(ククリヒメノミコト)・・・白山の神、農業の神。ご神徳は、五穀豊穣、牛馬安産、縁結び、安産・育児、命名、生業繁栄、家内安全、除災、開運招福、交通安産、入試合格など

パワースポットセラピストが教える曾屋神社はこんなところ

パワースポット巡り_曾屋神社_009

社務所にてご朱印を頂いている際に、宮司さんがこの辺り歴史のお話してくれました。

その昔昔曾屋神社のあたりは、朝鮮半島の高句麗人や新羅の人達が日本に渡り、街を築いたそうです。またもともと曾屋神社の辺りに水はなく、上記の地図の川の辺りから、人々どんどん生活の場を広げ、水場を求めて、今の街の方になったとのことでした。

他にもこのような場所が埼玉県日高市にある出世開運のご利益で有名な高麗神社。その昔朝鮮半島から渡来した高句麗人たちによって建立されたもの。

それを象徴するかのようにこの神社の宮司さん、ご祭神である高麗王若光(こまきしじゃっこう)の子孫にあたる方が代々務めていて、今で60代目。

このように日本と朝鮮は昔から深いつながりがあります。歴史認識の違いで日本と朝鮮は現在色々問題を抱えていますが、これだけ繋がりがあるのだから「もっと仲良くすればいいのに」と宮司さんがおっしゃっていたのが印象的でした。

パワースポット・曾屋神社のみどころ

井之明神水

湧水口は昭和40年頃、時代の推移と共に上水道にたよる生活様式も当然となり、一旦埋められることになりました。

しかしながら、平成になり、ご祭神ゆかりの水が復活されることが望まれるなか、平成16年に旧湧出口発見に至り、見事「御神水復活」の日の目をみました。そこで旧社名「井之明神社」にちなみ、「井之明神水」と命名されました。

飲むことできる御神水です。水が溢れんばかり湧き出ていて、さすが「秦野盆地湧水群」の一つ。昭和40年頃生活用水として利用していたのも分るような気がします。

妹背石(女石・男石)

パワースポット巡り_曾屋神社_妹背石(女石)

女石

パワースポット巡り_曾屋神社_妹背石(男石)

男石

御神水復活にあたり、水鉢を探していたところこの石に巡りあったと言います。

水鉢を作るにあたり、石工さんが石を割ろうと石矢を一回打ったところ、中が綺麗な凹凸状になっていたそうです。

この男女・雌雄一対の、珍しく縁起のよい形状から「妹背石」と命名し、それぞれを「男石」「女石」と呼びます。

妹背とは「夫婦」「男女」のことで、縁結びや安産のご利益を求めて、多くの方が参拝されるようになりました。

パワースポット・曾屋神社のお守り・御守り/ご朱印・御朱印

曾屋神社 ご朱印・御朱印

初穂料は300円です。

パワースポット巡り_曾屋神社御朱印

パワースポット・曾屋神社社まとめ

神社名 曾屋神社(そやじんじゃ)
所在地 〒257-0031 神奈川県秦野市曽屋1丁目6−10
電話番号 0463-81-0805
交通アクセス 小田急小田原線・秦野駅北口を出て、駅前商店会通りを直進し、片町商店会通りを左折、約20分。
※バス利用
北口バス乗り場、2番乗り場のバスに乗車、約10分。「宮前」下車、徒歩0分。
ご利益 安産・子授け・縁結びなど
ご祭神 水波能売命(ミズハノメノミコト)
伊邪那美命(イザナミノミコト)
誉田別命(ホンダワケノミコト)
事代主命(コトシロヌシノミコト)
加茂別雷命(カモワケイカツチノミコト)
菊理比売命(ククリヒメノミコト)
地図

※よろしければ私のおすすめパワースポットランキングも合わせてご覧下さい!

LINEで送る
Pocket