LINEで送る
Pocket

さて記念すべき神社の基本編、第1回は「神社にはどんな建物があるのか」についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

本殿と拝殿はどう違うの?

本殿と拝殿

私達が神社にいって手を合わせて拝んでいる社殿は、神様が住まう本殿ではありません。

神様が鎮座しているの拝殿に隠れて見ることができない本殿です。

本殿の前には神様に捧げる供物を置くための弊殿がある場合ものあり、本殿・弊殿・拝殿という三つの連なった建物が、神社の中心となる建物といえます。

ただし、伊勢神宮や春日大社のような創建が古いほど、本殿しかもたない神社もあります。

神社の建物はどの神社もあまり変わりない?

伊勢神宮鳥居
伊勢神宮手水舎

そんな神社ですが、鳥居や手水舎があり、摂社・末社、神楽殿や舞殿、社務所などあり、本殿の拝殿の建築様式に違いはありますが、ほぼ変わりありません。ただし、立派な楼門や回廊をもつ神社もあります。

摂社や末社、神楽殿はどんな建物か?

摂社・末社
神楽殿

神社にはただ一柱の神様だけいるのは珍しく、普通は主祭神のほかに本殿に相殿の神様が合祀されていたり、社殿を別にする摂社や末社の神々など、多くの神様がいます。

摂社や末社は小さいですが、主祭神に関わりの深い神様が祀られています。

たとえば、出雲神社には、本殿のすぐ横に主祭神・大国主大神の妻が、本殿の奥には父にあたる須佐之男命が祀られているという具合に。

ちなみ摂社や末社の違いは規模の大きさくらいです。

また神社にはこのような建物のほかに、ご神木や石、池や鎮守の杜と呼ばれる神社を囲む森などがあります。富士山に見立てた富士塚がある神社も多いです。

もともと神は木や石を依代として降臨するものと考えられ、これらのある場所を聖地として社殿が建てられた推測されています。

第1回「神社にはどんな建物があるのか!?」は、これにて終了です。

いかがでしたでしょうか? 参考になりましたでしょうか?

次回は「鳥居はなぜ朱色が多いのか?」についてお話していきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク