LINEで送る
Pocket

神社によくみられる「狛犬」、ときには「狛狐」「狛牛」「狛兎」などとなって拝殿の前に置かれている事が多いもの。

狛犬とは本来、異国の犬という意味だそうです。

そして、とくに稲荷神社では、ほぼすべての神社で一対の「狐」か「狛犬」の代わりに祀られています。

この狐は「眷属、神の使い」と呼ばれ、稲荷神のお使いです。

どうして狐がお使いなのかは諸説あるそうです。

天神社や天満宮には必ずいるのは「撫牛」で、体の悪い部分と同じところを撫でると治ると言われています。なぜ「撫牛」かというご祭神である菅原道真が牛に縁の深い方だったためだそうです。

パワースポット巡り_谷保天満宮_撫で牛

また神社の境内に多い鳩ですが、八幡神社では八幡神が金色の鷹や鳩に変身したという伝説から鳩を神の使いとしています。

他にも「狛蛇」「狛鹿」を神の使いとしているところもあります。

<さまざまな神の使い(神使)>

狐・・・伏見稲荷神社
鹿・・・春日大社
鶏・・・伊勢神宮・石上神宮
牛・・・大宰府天満宮
兎・・・住吉神社
鰻・・・三嶋神社
猿・・・日吉神社
鳩・・・鶴岡八幡宮
海蛇・・・出雲大社
亀・・・松尾神社
烏・・・熊野三山
猪・・・護王神社・和気神社

神様は現世に姿を現すことのできない存在。神の使いである動物たちは、そんな人間たちに神様の存在を示す役割を果たしているのかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク