LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

あ行

市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)

【別称】
【概要】
【ご利益・ご神徳】

応神天皇(おうじんてんのう)

【別称】
【概要】
【ご利益・ご神徳】

か行

さ行

神功皇后(じんぐうこうごう)

【別称】
【概要】
【ご利益・ご神徳】

た行

高御産霊神(たかみむすびのかみ)

【別称】
【概要】
【ご利益・ご神徳】

な行

は行

ま行

水速女命(みずはやめのみこと)

【概要】

『日本神話』に登場する神で、日本における代表的な水の神(水神)。火を鎮める水神にして豊穣をもたらす農耕神です。
『古事記』では弥都波能売神(みづはのめのかみ)、『日本書紀』では罔象女神(みつはのめのかみ)と表記する。

『古事記』の神産みの段において、伊邪那美命が火神・火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を生んで、陰部を火傷し苦しんでいた伊邪那美命がした尿から、和久産巣日神(ワクムスビ)とともに生まれたとしている。

『日本書紀』の第二の一書では、イザナミが死ぬ間際に埴山媛神(ハニヤマヒメ)と罔象女神を生んだとし、埴山媛神と軻遇突智(カグツチ)の間に稚産霊(ワクムスビ)が生まれたとしている。

【ご利益・ご神徳】

農耕守護、祈雨・止雨、子授け

や行

日本武尊(やまとたけるのみこと)

日本武尊
【別称】

小碓命(おうすのみこと)、倭建命(やまとたけるのみこと)

【概要】

日本神話のスーパーヒーロー。武力に優れた偉大な戦士ですが、悲劇的な生涯を送った自分である。
死後、日本武尊の霊魂は白鳥となって天空に飛び去ったと言われ、その白鳥を舞い降りた地という伝承が全国各地にある。
そうした地にあるのが、白鳥(大鳥)神社には、稲の守り神として日本武尊が祀られていることが多い。

日本武尊を祀る神社は、大鳥・鷲・白鳥などの社名で全国に広がっている。

【ご利益・ご神徳】

国土安穏、五穀豊穣、商売繁盛、出世・開運招福、除災、交通安全、試験合格など

ら行

わ・を・ん

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク