LINEで送る
Pocket

日本には八百万神と呼ばれるようにたくさんの神様がいらっしゃり、それぞれ違った個性や機能が存在します。個性や機能によって、発揮される霊験、すなわち御利益・ご神徳も変わってきます。そんな日本の神々について順次ご紹介していきます。

スポンサーリンク

あ行

天照大神(あまてらすおおみかみ)

別称 天照大御神、天照皇大神、お伊勢さま、神明さま
概要
ご利益・ご神徳

市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)

別称
概要
ご利益・ご神徳

宇迦之御魂神(うかのみたまのみこと)

別称 倉稲魂命(うかのみたまのみこと)、稲荷神(いなりのかみ)
概要 稲の精霊を神格化した神様。神名の宇迦(うか)は食物のことを指している。俗にお稲荷さんで親しまれ、
八百万の神の中でも代表的な食物の神である。全国の稲荷神社、稲荷社は320,00社、名もない小社まで含めると5万ともいわれる。その総本社とされるのが京都の伏見稲荷大社である。なお、日本三大稲荷と呼ばれるのは、
京都の伏見稲荷、佐賀の祐徳稲荷、茨城の笠間稲荷(または愛知の豊川稲荷)である。
ご利益・ご神徳 五穀豊穣、産業興隆、商売繁盛、家内安全、芸能上達など。願い事は何でも大丈夫です。

保食神・受持神(うけもちのかみ)

別称 大宜都比売神(おおげつひめのかみ)、大気津比売神(おおげつひめのかみ)
概要 食物を司る神様で、イザナギ命とイザナミ命の子である。

「古事記」ではお腹をすいていた弟のスサノオもてなすため、鼻や口、尻から食べ物をふるまったが、
スサノオを「汚らしい」とし、彼女を切り殺してしまう。「日本書記」にも同じ話があり、
切り殺したのが月読命(つきよみのみこと)という違いがある。

保食神・受持神、神の死体から穀物が化生する考え方は、世界各国の神話にもある。
このことから、保食神・受持神は食物と養蚕の起源の神とされる。食の豊かさの象徴でもあるため、
調理を司る神ともされる。

ご利益・ご神徳 農業・漁業・養蚕・狩猟守護のほか、牛馬畜産、航海安全、安産、
産業開発、出世、開運招福、厄除け、必勝祈願、家内安全など

応神天皇(おうじんてんのう)

別称 誉田別尊(ほんだのみこと)、品陀和気命(ほんだわけのみこと)
概要 大和朝廷の第15代天皇。父は仲哀(ちゅうあい)天皇。母は神功(じんぐう)皇后。

全国の八幡系の神社は、3~4万とも言われ、分祀の数では稲荷社についで第2位。
八幡様として親しまれていおり、歴史的に存在した最初の天皇ではないかと考えられている。

また、戦前までは武神として崇められてきたが、時代とともに教育・縁結び、交通安全などの日常生活に根差した
諸願成就の神として崇められるようになった。

ご利益・ご神徳 国家鎮護、殖産興業、家運隆昌、成功勝利、教育、交通安全、悪病災難除けなど諸願成就

か行

さ行

神功皇后(じんぐうこうごう)

 

た行

高御産霊神(たかみむすびのかみ)

な行

は行

ま行

水速女命(みずはやめのみこと)

別称 罔象女命(みずはめの)、弥都波能売神(みつはのめのかみ)、水波之女命(みずはのめのみこと)、闇御津羽神(くらみつはのかみ)
概要 『日本神話』に登場する神で、日本における代表的な水の神(水神)。

火を鎮める水神にして豊穣をもたらす農耕神。『古事記』の神産みの段において、伊邪那美命が火神・火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を生んで、
陰部を火傷し苦しんでいた伊邪那美命がした尿から、和久産巣日神(ワクムスビ)とともに生まれたとしている。

『日本書紀』の第二の一書では、イザナミが死ぬ間際に埴山媛神(はにやまひめ)と罔象女神を生んだとし、埴山媛神と軻遇突智(かぐつち)の間に
稚産霊(わくむすび)が生まれたとしている。

ご利益・ご神徳 農耕守護、祈雨・止雨、子授け

や行

日本武尊(やまとたけるのみこと)

別称 小碓命(おうすのみこと)、倭建命(やまとたけるのみこと)
概要 日本神話のスーパーヒーロー。武力に優れた偉大な戦士ですが、悲劇的な生涯を送った自分である。
死後、日本武尊の霊魂は白鳥となって天空に飛び去ったと言われ、その白鳥を舞い降りた地という伝承が全国各地にある。
そうした地にあるのが、白鳥(大鳥)神社には、稲の守り神として日本武尊が祀られていることが多い。日本武尊を祀る神社は、大鳥・鷲・白鳥などの社名で全国に広がっている。
ご利益・ご神徳 国土安穏、五穀豊穣、商売繁盛、出世・開運招福、除災、交通安全、試験合格など

ら行

わ・を・ん

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク